【お知らせ】ブログを再開しようと思った3つの理由

ブログを再開しようと思います。
なぜかと言うと、この3つの理由が重なったからです。

  1. ブログ放置によるアクセス数の実験
  2. 素敵なWordpressのテンプレートを見つけたから
  3. 次なる記事の書くテーマを決めることができたから

この3つが重なったのは、ホント偶然だと思います。

61571

空を見上げたら飛行機が飛んでいたぐらいの偶然です(笑)

詳しい理由は、追々書いていきますが、ざっくりと書きますと、

更新を休もうと思ったキッカケは、1のテストをしてみたかったのです。放置することで過去記事がどのように作用するか?みたいな。。。

1ヶ月ほど、ブログもお知らせ程度の更新に留めて、たまに過去記事をメルマガで紹介したりしたので、記事とアクセス数の関係性がなんとなくつかめました。

本当は3ヶ月ぐらい、放置しようかとも考えたのですが、2と3の理由が重なったのと、メルマガを読んでいる方はわかると思いますが、書く衝動を抑えられていないのか、メルマガの文字数も増えていってたんですよ(笑)

 

素敵なテンプレートに出会え、次に書くテーマが見つかった

また、このブログのデザインの元になっているテンプレートに出会えたの大きいですね。とあるブロガーさんで使われてたのをみて「いいなぁ」と思い、販売元のページへ行き、DEMOをいじったりしてみて、購入しました。追々、レポートしますね。

そして、書くテーマ。

更新を休む前、もうノウハウ系をメインにするのは止めようかなと思っていたところでした。初歩的で不変的な内容がベースになっていますので、大体書いていることも似たような感じになりやすく、ちょっと飽きがきたのもあるかもしれません。(飽きやすい性格なので・・・)

なので、休んでいる間に、次なるテーマをあれこれ考えていたのですが、そこで見つかったのが、

「個人メディア」

でした。

 

昔は会社単位でしかできなかったことが、個人レベルでも可能な時代に!

セミナーや研修、メルマガでの相談や、業界関係者などにもあれこれ聞いた中で感じたことが、「個人そのものをメディア化させる」ことの必要性です。

今まで、メディアと言えば、テレビとか雑誌とか媒体が少なかったため、広告代理店などでしか無理だったのが、最近では、ネットがインフラ化したおかげで、いち会社レベルでもできるようになりました。

でも、会社の人が皆やる気があるかというと、そんなことはなくて・・・そうすると”やらされてる感”が浮き彫りになったり、責任転嫁や自発性もなく、魅力のないメディアが増えてきているわけです。放置されたブログやSNSなんかもそうですよ(笑)

だから、会社レベルでのメディア戦略を、やる気のある個人レベルに落としこむことが必要なのです。でも、ここにもまだ壁があるんですよね・・・

・・・などなど、

次回より、この上記の3つの理由を、掘り下げて書いていきます。お楽しみに♪

 

※追記/10月10日

WordPressテーマを「Opinion (tcd018)」から「ALBATROS(アルバトロス)」に変えた理由

2015年10月7日

1ヶ月だけどブログを放置してわかった住宅記事とアクセス数の関係性

2015年10月7日

「誰と建てるか?」という時代だから個人メディアが必要!

2015年10月10日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。