住宅業界で個人のメディア力を高める3つのチカラ

これからの住宅の集客に、個人のメディアを持つべきと考えています。以前も、書いた通り、「誰と建てるか?」の先には信頼関係が大事ですし、それをリアルとネットで仕組み化するなら、ネットの部分では「個人のメディア化」は必要だと考えています。

そして、個人レベルで「メディア力」を高めるには、“3つの力”に分けることができます。

その“3つの力”とは、

  1. 集客力
  2. 習慣力
  3. 選択力

です。

住宅業界で個人のメディア力を高める3つのチカラ

発信する内容というよりは、そのベースとなるチカラだと感じています。この、“3つの力”に分けて、「自分には何が足りないか?」「何をやっていけばいいか?」を考えていくと、行動しやすくなりますよ。

 

1.集客力

当たり前になってしまいますが・・・
集めるチカラと言いますか、届けるチカラとか、見てもらえるチカラと言ってもいいかもしれません。

この力は、やはり必要です。

いくら良いことを書いていても、ためになることを書いていても、集客力がないと始まりません。逆に、誤解を恐れず言うならば、

「書くことが普通であっても、最新・最先端でなくても、集客力さえあれば、何とかメディアとして成り立ってしまう。」

と言っても過言ではないと思います。

もちろん、継続的な効果を発揮するには、“よい情報・よい内容”を提供する必要があります。でもそれには、集客して、反応を分析したり、実際に読んでいる方の声が聞けて、改善していくことですね。

やはり、「集客力」が最強です。

 

2.習慣力

これは、「集客力」以前の、“土台”の部分です。

どんなスキルも、一朝一夕には身につきません。集客力もそうです。最低でも20時間は実践しないと身に付きません。

住宅業界で個人のメディア力を高める3つのチカラ

諦めないで!1日1時間を3週間続けて新しいスキルを身に付ける方法

2014年10月22日

「メディアで一番大切なのは、いかにマメであるか?」とも思っています。この「マメ」を支えるのが、習慣力です。「いかに継続して学んでいくか?身につけていくか?」これが大切です。

習慣力は、「継続力」と言い換えてもいいです。習慣化する力がないと、メディアとして発信することは出来ないと思います。更新されない寂れたブログやSNSでは、メディアとしては成り立たないってことです。

また、業界の特性上、新しいスキルやノウハウを取り入れたからといって、明日契約になるというわけではないですから、継続していくためにも、やはりこのチカラは大事です。

実は、この「1.集客力」と「2.習慣力」は、それほど大変なものではない、と思っています。やり方やノウハウというものが、すでに体系化されていて、色々と情報が出回っています。もちろん、習得するには、かなりの時間と労力を要しますが、それでも、「やり方」は分かります。

 

3.選択力

“どんな情報を発信していくか?””何を使って発信していくか?”など、数ある選択肢の中から決める力です。

一番パワーがかかるのが、この「選択力」の部分です。「ここが決まらないと、次へ進めない。」という方が多いんです。なぜなら、「集客力」と「習慣力」は、“やり方”なんですが、「選択力」は、“あり方”の話になってくるからです。

自分は何を伝えたい?何が強み?何が得意?何が向いている?何に情熱を感じる?・・・そんな、「自分との対話」が、求められる行程なんですね。ちょっと自己啓発に近いかもしれません。

今時代はあれこれ魅力的なものがたくさんありますから、やるべきかどうかで考えると、やった方が良いものの方が多くなりがちです。だからこそ、今の状況で、すべきかどうかで考えてみてはいかがでしょうか?

「やること」と「やらないこと」を決める。これだけでも随分変わってきます。シンプルにひとつのことに絞り、集中することで、シンプルゆえに力強くなりますよ。

「選択と集中」については、下記の本がオススメです。

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

住宅業界で個人のメディア力を高める3つのチカラ

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

  • 作者:ゲアリー・ケラー,ジェイ・パパザン
  • 出版社:SBクリエイティブ
  • 発売日: 2014-01-22

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。