暮らしを提案する際、その歳の差は12~15年が限界!?

世代間の考え方や価値観のズレを全く無くすのは難しいと思いますが、お互いがお互いの世代を知ることで、いろいろな問題が解決しそうな気もします。

戦後70年の6つの世代、

  • 団塊世代=60代(1947~51年生まれ)
  • ポパイ・JJ世代=50代半ば~60代前半(1952~60年生まれ)
  • 新人類世代=50歳前後~半ば(1961~65年生まれ)
  • バブル世代=40代半ば~後半(1966~70年生まれ)
  • 団塊ジュニア世代=30代前半~40代半ば(1971~82年生まれ)
  • さとり世代=20代前半~30代前半(1983~94年生まれ)

を1冊にまとめて解説した本が興味深いですね。仕事で使えて、違う年代と話せて、相手の価値観がわかるようになる1冊です。

たった1冊で誰とでもうまく付き合える世代論の教科書―「団塊世代」から「さとり世代」まで一気にわかる

 

《「あなたの世代」がわかる! 》
●団塊世代=60代(1947~51年生まれ)
●ポパイ・JJ世代=50代半ば~60代前半(1952~60年生まれ)
●新人類世代=50歳前後~半ば(1961~65年生まれ)
●バブル世代=40代半ば~後半(1966~70年生まれ)
●団塊ジュニア世代=30代前半~40代半ば(1971~82年生まれ)
●さとり世代=20代前半~30代前半(1983~94年生まれ)

《「身近な人」が理解できる! 》
●団塊世代=人数が多く競争意識が強い。「封建性」と「革新性」の2つが共存している。
●ポパイ・JJ世代=「自分は自分、他人は他人」という価値観。子どもや他者に理解力あり。
●新人類世代=幼少期に高度成長。「楽しいこと」が最上の価値。自由で軽やか。上下関係が希薄。
●バブル世代=苦労なく正社員に。「万能感」が強く、自分を大きく見せる。恋愛の力関係が男女逆転
●団塊ジュニア世代=上の世代の価値観に疑問。「裏切られた感」「被害者意識」が強い。
●さとり世代=周囲への「過剰な気遣い」「同調圧力」。異性より同性重視。「恋人いない」が過去最高。

《仕事に使える! 「消費のツボ」も徹底解説! 》
●団塊世代=「孫」「仲間」「夫婦エスコート」に金を使う。「新発売」「日本初」「世界初」に弱い、新しいもの好き
●ポパイ・JJ世代=好みが多様化。「選択肢が多い」「生活・人生を楽しむ」が響く、フェイスブック大好き
●新人類&バブル世代=見た目に金をかける。教育もブランド志向。狙いは「仲間消費」(仲間ゴルフや女子会など)
●団塊ジュニア世代=消費は堅実(ケチ)。「自己啓発」「自分探し」「海外志向」が響く。狙いは「母娘消費」「三世代消費」
●さとり世代=安くてそこそこよいモノで大満足(背伸びしない)、狙いは「SNSで話題にしやすい商品」

世代感は年々変わってくる。世代間の差は12~15年が限界?

世代を追うと、全体から個が尊重されてきていますし、「女性」の動きも大きな影響を与えていると思われます。また、一生同じ人と結婚生活をし続ける核家族から、離婚や再婚、シングルマザーなどの、複雑な家族形態への変化も生まれてきていますね。

こんな感じで、世代感は年々変わっていきますから、2009年に書かれた「シンプル族の反乱」で出てくる世代(30代)も、6年も経つと少し変わってきているでしょうね。

今、家づくりをするのは「当り前世代」

2014.05.03

過去記事の中で、「当たり前世代」という捉え方をしていますが、その当たり前の基準も段々と高くなってきていますからね。今や、iPhoneを見たところで驚きやしません(笑)

数字で表せない、暮らしの提案は、世代間の差に注意!?

数字で表せるようなことだと、世代間はあまり関係ないのかもしれませんが、考え方とか価値観とか数字に表せないものを提案するときは、あまり歳の差が開くのは「う~ん?」という気がします。

あくまで経験上ですが、暮らしを提案する上での世代間の差は12~15年が限界かと・・・これ以上離れると、理解できないことが増えてくるはずですよ。この辺は、経験か知識で埋めるしかないと思います。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。