センスのいいライフスタイルが提案できないなら、提案するライフスタイルの象徴となるモデルは誰か探してみよう!

魅力的な”モデル”と言えば、センスも見た目も非現実的なイメージが強いのですが、親近感のあるセンスで、魅力的な方と言えば、モデルのはなさんが思い浮かびますね。

センスのいいライフスタイルが提案できないなら、提案するライフスタイルの象徴となるモデルは誰か探してみよう!

はなさんは、キャリア25周年を迎えたことで、今年の初めに人生初のスタイルブック『hana’s style book』を出版されています。おしゃれのこと、美容のこと、料理やインテリア、旅のことなど、モデル歴25年のはなさんの“ひきだし”を全部見せてくれています。

hana’s style book

センスのいいライフスタイルが提案できないなら、提案するライフスタイルの象徴となるモデルは誰か探してみよう!

hana’s style book

  • 作者:はな
  • 出版社:宝島社
  • 発売日: 2015-01-26

 

ライフスタイルを重視する家づくりに関わり始めてから気付いた魅力

高校生の時だったでしょうが、アパレルが好きな同級生(男)が好きな女性タレントに、”はなさん”を挙げてたんですよね。それで、見てみたら、どこがいいのかよくわからなかったんですよ。前髪短いし(笑)

その後、ライフスタイルを重視する家づくりに関わるようになって、センスの良い施主と何人も接していると、共通したイメージというか象徴が頭に浮かんだんですよね。それが、はなさんでした。ライフスタイルというソフト面を意識しなければ、この気付きはなかったでしょうね。

ただ、はなさんは結婚していないので、家族のライフスタイルというセンスとはちょっと違ったのかもしれませんが、最先端すぎず半歩先を行く、飾らない親近感のあるセンスが、高級ブランド感でも安っぽさでももない、自分らしい品のいい感じで、すごく良いんですよね。

ターゲットにしている顧客層の象徴となるモデルは誰?

魅力的なモデルのセンスは、やはり素晴らしいです。常に最先端の情報に接していながら、自分らしさを表現していますしね。だからこそ、ターゲットにしている顧客層の象徴となるモデルを探してみるといいですよ。

最近は、モデルに限らず、デザイナーなどのライフスタイルも注目をされていますから、そういった方のライフスタイルを参考に提案する形もありですよ。以前、取り上げた『香菜子と春美の〈楽食住〉』展の香菜子さんや福田春美さんもそうですね。

センスのいいライフスタイルが提案できないなら、提案するライフスタイルの象徴となるモデルは誰か探してみよう!

生活を楽しむ感が素敵すぎる!『香菜子と春美の〈楽食住〉』展

2015年1月24日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。