建築士は必見!建築士のみが参加するコミュニケーションサイト「建築士ドットコム」で横の繋がりを築こう!

建築士の方は必見です!建築士限定で、建築士のみが参加するコミュニケーションサイト「建築士ドットコム」、面白そうですよ。現在はβ版で、11月中に正式にリリース予定のようです。

建築士は必見!建築士のみが参加するコミュニケーションサイト「建築士ドットコム」で横の繋がりを築こう!

建築関係者のみが参加する本音のコミュニケーションサイト

 建築設計業界は、閉鎖的な業界であり、その会社の知識・経験・ノウハウが会社内に留まりがちであり、ヨコ展開での知識の共有がなされることが少ない現状があります。法条文の解釈も役所・人によっても温度感があったり、設計者の能力によって、実際は建築できた建物が建てられなくなったりすることも多々見受けられます。過去に起きた耐震偽造問題や現在のデータ改ざん問題も閉鎖的な建築業界であることも一要因であると考えます。そのような状況を打破すべく、建築士である専門家のこれまでのノウハウの開示・質問が気軽にできる場をオープンしようと考えました。
また、最近では、弁護士ドットコムや税理士ドットコムといった専門特化した業界サイトや専門家が中心となったコミュニケーションサイトが流行しており、建築業界では、このような業界特化型専門家サイトがありませんでした。
建築設計業界の支え、普及の一助になればとの思いから、当サイトの開発・運営を行っています。
「建築に携わる全ての人の架け橋に・・・、建築関係者が繋がる」ことをコンセプトに、建築関係の情報を総合的に統合・整理したサイトになっております。

日本初、建築関係者のみが参加する本音のコミュニケーションサイト「建築士ドットコム」開発のお知らせ

これまで建築士系のサイトは、資格への実践対策みたいな情報ばかりでしたから、今回のような横のつながりをつくるサイトは、すごく良いですね。

「建築設計業界は、閉鎖的な業界であり、その会社の知識・経験・ノウハウが会社内に留まりがちであり、ヨコ展開での知識の共有がなされることが少ない現状があります。」とあるように、閉鎖的にならず、もっとオープンにして繋がれば、密度の高い時間を得られますよね。

前述では、下積みや修行のことを書きましたが、下積みや修行よりも、横の繋がりを大事にしたほうがいいですよ。従業員の建築士ほど、登録しておくべきですね。

建築士は必見!建築士のみが参加するコミュニケーションサイト「建築士ドットコム」で横の繋がりを築こう!

下積みや修行よりもセンスを大事にしたい家づくり!なぜ住宅業界はセンスを持った人が出てこないのか?

2015年11月4日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。