ブログ集客に手間を掛けるならオリジナル記事が強力!広告が出せない場合のWEBサイトの育て方

工務店でも設計事務所でも、お金の問題で広告が出せない場合は、自社のWEBサイト(ホームページ)をメディアとして育てていく方法が、遠回りなようで一番の近道だったりします。

その辺り、この酒屋の取り組みが良いヒントになりますよ。

ビールや日本酒、ワインなどお酒に関するコンテンツを紹介するメディア「NOMOOO(ノモー)」。2013年に開設したこのメディアを運営するのが「リカー・イノベーション」(東京・足立区)だ。酒屋を母体とするベンチャー企業で、社員も6人と小規模かつメディア経験者も不在のなか、独力でメディアを拡大。現在は月間100万PV、メディアを通じてイベントを告知すれば、2500人の参加者を集められるまでに成長している。

こちらは、お酒という規制の問題で、ネット広告が出せない中、WEBサイトをメディアとして育てることへシフトしていったのです。

その、ビールや日本酒、ワインなどお酒に関するコンテンツを紹介するメディアサイト「NOMOOO(ノモー)」がこちら。

ブログ集客に手間を掛けるならオリジナル記事が強力!広告が出せない場合のWEBサイトの育て方

お酒のある毎日がもっと楽しくなる。お酒のエンタメ情報サイトNOMOOO(ノモー)

NOMOOOでは、ライターさんを使い、1日1記事をアップしていたようです。規制で広告が出せない分の費用を、ライターに掛けているということです。

良質な記事を増やし、サイトを育て、検索やSNSから集めたアクセスから、自社のECサイト(販売サイト)へ誘導している流れですね。

 

実際に取材した一次情報は、集客に対して効果的!

「NOMOOO」の記事は、リリースやネット上の情報だけで掲載することはせず、すべて実際にライターが取材した、一次情報にこだわっていて、すばらしいですね。

「当初はキュレーション系の記事も参考にしていたのですが、そういった記事は、はじめはアクセスが伸びるものの、すぐに類似した記事が出てきてしまいアクセスが伸び悩んでしまう。他のメディアと差別化を図るためには、実際に取材した一次情報が重要だと考えています。また、PV数よりも各記事の滞在時間やセッション数を重視し、記事を保存したくなったり、メモしたくなったりと、行動につながるような内容を目指しています」。

実際に取材した一次情報となるオリジナルな情報は、やはり集客に対して効果的です。

参考や引用は取り入れやすいので、最初の一歩には適していますが、慣れてきたら次のステップアップに、オリジナルな情報を少しづつでも加えていき、継続して完全にオリジナルな情報を作っていけるようになると、いいサイトに育ちます。

遠回りなようで、地道な一番正しい道ですね。

以前紹介した、「北欧、暮らしの道具店」も同じで、一次情報でオリジナルな情報です。こちらも参考にしてみてください。

ブログ集客に手間を掛けるならオリジナル記事が強力!広告が出せない場合のWEBサイトの育て方

参考にしたい!「北欧、暮らしの道具店」のメディア化戦略

2014年6月17日

 

オリジナルな情報に成り得る素材は何?

住宅系の記事で一次情報と成り得るのは、

  • お客様の声
  • 施工例や設計例
  • イベントレポート etc・・・

などが挙げられます。他にもありますが、わかりやすいのだとこの辺りです。

正直、今ではノウハウ系はあまり必要ないですよ。他でたくさん見かけますので、紹介や引用程度で十分な気もします。もしノウハウ系を書きたいなら、一次情報にこだわった方がいいですね。自社でないと書けないことや、その地域に住んでいる人にしか書けないようなオリジナリティです。結構ハードル高いですよ。

だから、ノウハウ系の情報よりも、家(注文住宅)に暮らすことの楽しさを伝えていくべきです。

上記で紹介した「NOMOOO(ノモー)」も、料理やツマミのネタが多いですが、「お酒を楽しむ」という軸がありますよね。「楽しみ」はイメージしやすく、興味をそそるのです。

 

暮らしの楽しさ、家の楽しさを伝えていきませんか?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。