家族への普遍的な思いを家づくりに活かす!感情をゆさぶる動画のお手本・東京ガスのCM

以前、東京ガスのCMが、上手くストーリーを取り入れていて、視聴者の感情移入を狙っている。という記事を書いたことがあります。

提案する住宅にストーリーはあるのか?

2013.12.15

最近の東京ガスのCMもすごく良いですよ。父親目線で語られている内容です。

「ピピッとコンロ 似ている母娘」篇

料理不精な父親からすれば、キッチンの機能や性能の細かいことなんて、あまり気にしていなくて、そのキッチンによって得られる時間や出来事に価値を感じますよね。

 

そしてこちらは去年のCMですが、息子目線で語られている内容です。

「家族の絆・母とは」篇

直接ガスが出てきているわけではないですが、渡辺えりさんが演じる母親がいい雰囲気を作っています。

動画の中では「母とは」という、いくつかのキーワードが挙げられており、そのキーワードが自分の母親とリンクしたとき、グッと心が動くんですよね。

 

2013年に放送されていたCMも良いですよ。共働きの両親に代わって、料理を作り続けてくれたおばあちゃんへの思いを、孫の目線でつづった内容です。

「おばあちゃんの料理」篇

「おばあちゃんの料理」は、「第53回 消費者のためになった広告コンクール」のテレビ広告部門で最優秀賞を受賞したり、フジサンケイグループ広告大賞「メディア部門 テレビ最優秀賞」を受賞したりしています。

 

家族への普遍的な思いは、心を動かすキッカケになる?

家族という誰もに存在する普遍的な部分は、よほど変わった生活をしてきていないかぎり、だいたい似ている部分が生まれます。観ている側も、その共感できる部分に、自分自身を投影し、心が動いていきます。

家族への普遍的な思いは、家づくりにも共通する部分がありそうですね。上手く取り入れて、集客に活かしていきたいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?