依頼する住宅カメラマンは「建築の魅力やライフスタイルの魅力」をわかっている?良い住宅写真は撮影者の視点が素晴らしい。

Canonの実験「A portrait session with a twist」が、写真撮影の本質を突いていて、すごく興味深いです。

その実験とは、6名のカメラマンが、1名のモデルを撮影するのですが、カメラマンそれぞれには、被写体となるモデルの情報を異なって伝えています。

  1. 億万長者
  2. ライフセーバー
  3. 元受刑者
  4. 漁師
  5. 霊能者
  6. 元アルコール依存症患者

つまり、あるカメラマンはその男を”億万長者”だと思い、撮影していきます。また別のカメラマンは、ライフセーバーだと思い、撮影していきます。

そして、撮影されたのが下記の写真です。

同じ被写体で同じ衣装で、さらに同じカメラで撮影しているようですが、表情や雰囲気がぜんぜん異なっています。構図や背景も異なっていますね。(どの職業がどの写真か、多分英語の聞き取りが合ってると思いますが・・・)

億万長者

億万長者

ライフセーバー

ライフセーバー

元受刑者

元受刑者

漁師

漁師

霊能者

霊能者

元アルコール依存症患者

元アルコール依存症患者

上記の実験例からみても、たとえ同じ被写体で同じカメラであっても、撮影する側が変われば、同じ写真は撮れないですし、さらには、撮影する側の被写体に対する事前情報によっても、撮影内容が変わるということがよくわかります。

写真はレンズが撮るのではなく、写真家の視点で切り取ったものですね。

Canonのこの実験は、人物だけでなく、物でも行っています。

 

センスの良いカメラマンとダメなカメラマンの見分け方

住宅の写真で大事なのでは、その写真でいかに集客できるかです。信頼を築くことも含めて。ただ綺麗に撮るだけなら、ルール通りの構図で、広角レンズなどカメラの性能高めて撮影すれば、誰だって、それなりの建築写真が撮れる時代です。だからこそ、ますます写真は、モチーフというか被写体に対するカメラマン独自の捉え方が重要になってくるのです。

住宅の撮影を外部のカメラマンに依頼するときは、やはりその住宅の情報や、家族の様子などを、事前に伝えておきべきです。

センスの良いカメラマンであれば、その情報を元に、自分で魅力的な構図をどんどん探していきます。センスが良い方は、自分の中に引き出しが多いため、被写体に対して、どう自分のセンスを絡めると、良い写真が撮れるかを知っています。

また、写真はレンズが撮るのではなく、写真家の視点で切り取ったものですから、建築を撮るなら建築の何が魅力的なのか?ライフスタイルを撮るなら、そのライフスタイルの何が魅力的なのか?という、知識も大事ですね。

ダメなカメラマンは、聞くだけでその情報を活かせず、ただ構図のルール通りに撮ってるだけです。さらには、家やライフスタイルに大して興味を持ってませんし、知識もありませんよ。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。