忙しいママさんの家事の時短をどう作れるか?注文住宅だからできる家事時短を提案しよう!

ボンカレーの大塚食品が、家事と子育ての両立に悩むご家庭のリアルな姿を捉えようと、3組の家族に、レトルト食品を使ってもらい、普段の夕食風景と比較した映像が興味深いです。

映像を見るとよく分かるのが、平日の夕食どきは、忙しいママさんたちにとっては嵐のような時間ですね(笑)子どもたちと楽しみながらコミュニケーションとりたいのに、ついつい・・・

そこに、「ママもみんなも笑顔になる食卓3カ条」として、

  1. ごはんはラクする
    簡単にできておいしいレトルトも使っちゃおう
  2. 席を立たない
    みんなで「いただきます」と「ごちそうさま」をしよう
  3. おしゃべりを楽しもう
    今日の「楽しかったこと」をひとつ話そう

を取り入れてもらい、食卓で­の家族の変化を追っています。

 

夫婦共働きなら、なおのこと時間はない・・・

乳幼児〜小学生の子どもがいるママ世代は、世界と比べても、家事に時間がかかっているみたいです。所得の問題から、夫婦共働きの世帯は増えてきていますからね・・・余計に時間はないですよね。

忙しいママさんの家事の時短をどう作れるか?注文住宅だからできる家事時短を提案しよう!

記事の中でも、病児保育サービスを通じて親の負担が軽減される社会を目指す、認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹さんが、上記のレトルトについて、以下のように語っています。

手作り料理で子どもへの愛が測れたらいいのですが、それだと、手段と目的が逆転しかねません。子育て中は忙しいのだから、加工食品やレトルト食品を取り入れてもいいのではないでしょうか。便利なものを使うことはズルじゃなく、作業の効率化であり、時間を有効に使う方法なのです。それで親がキリキリしないで子どもと向き合うことが、子どもの自己肯定感を育てることにつながります。
忙しいママさんの家事の時短をどう作れるか?注文住宅だからできる家事時短を提案しよう!

注文住宅だからできる家事時短を考えてみよう!

空間や動線を一からつくる注文住宅だからこそできる家事の時短を考えてみませんか?

  • どうすれば、子どもたちと楽しみながらコミュニケーションが取りやすくなるのか?
  • どうすれば、子どもたちがいても、ゆっくり食卓につくことができるのか?

すごくささいなことなのかもしれませんが、すごく悩んでいることなんですよね。

新しく家を建てることで、こういったことが解決できるのであれば、家を建てようと思う人が増えると思いませんか?家づくりのプロには、こういう問題を解決できることも、求められてきていますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。