地元が好きな方は、既存の土地情報に出てこない土地情報を発信してみよう!

既存の土地情報って、つまらないですよね。金額と面積と近辺に何があるか程度です。地元に詳しい方なら、ここにメス入れるべきですよ。

既存の土地情報に出てこない土地情報を発信するってことです。

地元が好きな方は、既存の土地情報に出てこない土地情報を発信してみよう!

よく見かけるつまらない土地情報の例

例えば、ちょっとした批判覚悟でブログ記事を書くなら、その地域ならではの”住んではいけない霊的にヤバい場所”というネタもあります。その地域ならではの霊的にヤバい場所って、土地情報には出てこないですよね?

上記の記事では、首都圏の霊的にヤバい街ワースト3として、

1位:戸山公園付近(東京都)【昼でも霊出現】
「ここにいると猟奇的な考えに及びやすくなる。また、ここの霊は自己主張が強いので、霊感のない人でも見る可能性が高い。公衆トイレにも霊が出るはずです」

2位:横網町公園付近(東京都)【死にたくなる】
「一気に生命力が減るので、吊り橋効果で種を残すという本能が働いて仲良くなれる。不倫や初老カップルには特にお勧めです」

3位:比企郡(埼玉県)【陰の気が充満】
「比企郡は、土地の気が強いので、土地を大事にすれば守られますがそうでない人は霊現象に遭いやすい。戦時中、付近の軍需工場建設にかかわって爆死した人々の影響もあるので、余計に地元愛が重要です。農業はもちろん家庭菜園などをすると不幸を回避できます」

が挙げられています。歴史的背景から、そういうことに挙がるようですね。住んでる方からすれば、気分は良くないでしょうが(笑)

 

既存の土地情報に出てこない土地情報を発信する理由とは?

土地を探している人の中には、その地域にゆかりがない人もいます。また、若い世代であれば、あまり地元に興味がなく、歴史を知らないケースもありますよね。

土地を買って家を建てたら、長い年月そこに住むわけですから、その土地のことも情報をしては知っておきたいですよ。そうなると、既存の土地情報だけでは物足りません。既存の土地情報ってつまらないですから(笑)

外部の人間でも調べれば書けるかもしれませんが、地元を愛している人ほど、書いてほしいネタです。チャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。