昨年に比べてスマホからの利用者は増加し、パソコンからの利用者は減少!「2015年 日本のインターネット利用者数」

年々、スマートフォンにユーザーがシフトしていることが、「2015年 日本のインターネット利用者数」より、ハッキリし始めましたね。

スマートフォンからの利用者数は昨年に比べて全体的に増加し、パソコンからの利用者数は昨年に比べて全体的に減少しています。

ニールセンは15日、2015年の日本におけるスマートフォンとPCでのインターネットサービス利用者数ランキングを発表した。

スマートフォンでは、1位がGoogleで4735万人、2位がYahooで4446万人、3位がLINEで3808万人だった。4位から10位までは、Facebook、楽天、YouTube、Twitter、Amazon、Ameba、Naver Japanの順となった。1位から10位全てで利用者が増加し、Ameba以外は2桁増となった。中でも、YouTubeが対前年増加率29%と伸びた。

2015年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10

2015年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10

2015年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10

2015年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10

2015年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10

2015年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10

2016年、スマホ対応は必須と考えないとマズイですね・・・

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?