夫婦の暮らしの価値観のズレを補うのが、家という空間!・・・であってほしい。

PR

最近、「価値観の不一致」って増えてきましたよね。暮らしの価値観が合わないって、夫婦生活も上手く行かないんですね(笑)

一昔前なら、女性側が合わせるんでしょうけど、今は時代が違います。

「ミニマリスト」に執心の夫と離婚できますか
価値観の折り合いをつけるのは難しいが…

身の回りのモノを限りなく減らし、最低限のモノだけで暮らす「ミニマリスト」。そんな「ミニマリスト」にハマった夫に悩んでいる女性が、ネットの掲示板に書き込みをした。

女性によると、ある日突然、在宅の仕事で使う道具の一部と時計がなくなっていたのだという。家中探しても見つからず、夫に聞くと「捨ててないよ~隠しただけ! ただ物がないこともいいもんだと実感してほしかった」と答えたのだそうだ。

夫の言葉を聞いた女性は「自分の物はいい! でも二度と私の物に触らないで!」と怒鳴ったが、夫は聞く耳を持たず、有名ミニマリストの「武勇伝的な話」を延々と語ったのだという。

夫婦の暮らしの価値観のズレを補うのが、家という空間!・・・であってほしい。

家を建てる時って、価値観がどのくらい一致しているのかを測る機会でもあります。夫婦とは言え、元々他人同士なんですから、100%一緒ということはないですよね。

だから、どんな違いがあって、それを家という空間がどう補ってくれるか。みたいな、そんなことが叶えられたら、家を建てたいという方も増えるのでは?

引き渡した後はどうなろうが知ったこっちゃないと思うのは簡単ですが、そういう関係性では紹介やその後の協力はないですね・・・

アメリカのような裁判社会なら、「この家に住んだから離婚になった」とかで設計側が訴えられそう(笑)

PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。