相手のことを知ろうとしないかぎり、集客は難しい!ヒントは主婦の欲求の変化

雑誌そのものの売上が低迷している中、30代前後の主婦層をターゲットとした、新たな月刊誌『CHANTO(チャント)』『aene(アイーネ)』に注目が集まっています。

相手のことを知ろうとしないかぎり、集客は難しい!ヒントは主婦の欲求の変化

『CHANTO』(主婦と生活社)

相手のことを知ろうとしないかぎり、集客は難しい!ヒントは主婦の欲求の変化

『aene』(学研パブリッシング)

住宅集客のヒントにもなる変化してきた主婦の消費のあり方

変化してきた主婦の消費のあり方の捉え方は、住宅集客のヒントにも繋がりそうです。

どちらの雑誌からも、賢くモノを選んで消費し、生活をより豊かにしたいという、主婦の欲求の変化が垣間見える雑誌になっています。もう、単なる「節約志向」ではなくなってきていますね。

例えば、『CHANTO』の視点は・・・

1990年の創刊した前雑誌のコンセプトでもある、時間はかかっても賢く節約するための情報は、結婚したら女性は家に入るのが一般的だった時代に向けたものでした。

ですが、今では共働きが当たり前となったため、新刊の『CAHNTO』では、働く主婦をターゲットに変更。家事に割く時間を短縮するための、お助けグッズを賢く活用やノウハウなどが軸になっているようです。

また、雑誌をゆっくり読む時間がない忙しい主婦向けに、レイアウトも工夫し、たくさん掲載するより、本当におすすめのものだけを厳選して掲載するようにしたとのこと。

『aene』の視点は・・・

20代後半から30代前半の主婦をターゲットに設定し、ランキング形式や実際の使用体験比較で商品の特性を解説が軸になっているようです。

さらに、雑誌の誌面だけではなく、ウェブでは動画で商品を紹介したり、会員による口コミ、リアル店舗との連動といった「体験型複合メディア」で訴求しているとのこと。

編集長はターゲット層をこのように分析しています。

岩見奈津代編集長は「家族消費のほとんどを担うママは、家族のバイヤーのような存在。一方、アラサーはロストジェネレーション世代といわれ、商品選びにシビアで、ただおしゃれなだけではモノを買いません。あふれる情報の中から商品を選ぶため、リアリティのある口コミや体験からモノを判断したいと思っています」と強調する。

相手のことを知ろうとしないかぎり、集客は難しい

以前も、書きましたが、ターゲットとしている女性が、「どんなイメージ、どんな言葉に惹かれているか」など、何に惹かれるかを知る必要があります。

出版社はこの辺をすごく狙って投げかけてきますから、その視点はすごく参考になりますよ。

相手のことを知ろうとしないかぎり、集客は難しい!ヒントは主婦の欲求の変化

工務店が集客に悩む女性向け住宅広告をつくるには?

2014年5月11日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。