「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」×全身ガン=ロケンローな企業広告

年明けに、宝島社の企業広告が話題になりました。毎年、インパクトのある企業広告を出すのですが、今年は特に話題になっていますね。

企業広告とは、企業の歴史,政策,規模,技術,業績,人材などを宣伝することによって,広く企業に対する信頼と好意を獲得し,経営活動の円滑な遂行をはかることを目的とした広告。

女優の樹木希林さんが青いドレス姿をまとい、手には花束を持ち、穏やかな表情で目を開けて小川の中に横たわっているという、強烈なインパクトのある広告です。「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」というキャッチコピーに、キャスティングが全身ガンと言われている希林さんですからね。ロケンローですね。

「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」

「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」×全身ガン=ロケンローな企業広告

今回の企業広告では、「死ぬときぐらい好きにさせてよ」をメインコピーに、広告ビジュアルはジョン・エヴァレット・ミレイの名作「オフィーリア」をモチーフにしています。「死」について考えることで、どう生きるかを考えるきっかけになればと思い、企業広告のテーマとしました。

宝島社が企業広告を出す理由は、商品では伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告を通じてお伝えしたいという想いから、1998年より企業広告を開始したとのこと。

商品がしっかりあってこその企業広告ですし、強烈なインパクトがないと見てもらえないし、印象にも残らなくなってきていますね。やはり企業広告は、小さな会社が見よう見まねでやるものではないですよ。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。