子どもも楽しめる体験がファミリー層を集客することに繋がる!

やっぱり体験ができるって、すごく魅力的ですね。3~15歳までの子どもが多くの職業を体験できるテーマパーク「キッザニア」が、10年目に入っても好調のようです。

キッザニアは、

ピザ職人となってピザをつくり終了後に食べることができたり、パイロットとなって操縦訓練を受けたり、キャビンアテンダントとして乗客への機内食サービスしたり、消防士となり、火災発生の知らせを受けて防火服に着替え、消防車で現場に急行したり、電気で視覚的につくった炎に包まれた建物に向けて放水して消火活動を行ったり、

理容師、ガソリンスタンドのサービススタッフ、宅配便のセールスドライバー、ファッションモデル、マンガ家など、全90種類の様々な職業を体験できるテーマパークです。

「子どもも楽しめる」というのは、ファミリーにとっては、すごく大事な訴求ポイントですよね。それには「体験」がもっとも訴求しやすいわけです。

子どもが楽しめないことを考えると、住宅相談会は、つまらないイベントですね(笑)また、見学会も子どもがワクワクしないような家ならそれも同じ。伝え方もそこを意識した内容にすることも必要ではないでしょうか。

「子どもは関係ない」と考えるのは簡単ですが、それは作り手側の勝手な意見で、お客さん側からすると、休日は子どもと一緒に行動することの方が多いわけですから、関係なくないことですよね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。