原爆投下後の広島の仮設住宅は、トタン小屋ではなく木造の平屋!

「こんな資料が残っているんだ」と目が止まってしまったのが、こちらの映像です。

原子爆弾が投下された翌年1946年(昭和21年)4月頃に、アメリカ軍が撮影した広島のカラー映像です。ナレーションやBGMなどは一切ありませんが、当時の様子が伝わります。

職業柄気になったのは、映像内の1:38~2:19で映されている仮設住宅です。この時代であれば、はだしのゲンのトタン小屋のイメージが強かったのですが、ぱっと見それなりの、木造の仮設住宅が建っています。

原爆投下後の広島の仮設住宅は、トタン小屋ではなく木造の平屋! 原爆投下後の広島の仮設住宅は、トタン小屋ではなく木造の平屋! 原爆投下後の広島の仮設住宅は、トタン小屋ではなく木造の平屋!

燃え残った木を見ても、間違いなく原爆投下後の広島だと思います。昭和21年の4月頃であれば、原爆投下から8ヵ月ぐらい経っていますね。

多分、断熱材は入っていないでしょうし、壁も板壁で薄そうですが、結構な棟数が建っていますので、資材や職人の手はある程度は十分にあったんですね。意外でした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。