谷崎潤一郎が「痴人の愛」を執筆した旧宅「ナオミの家」復元!

去年書いていた記事が、下書きのままになっていて公開するのを忘れていたため、今になっての公開です(笑)

近代文学を代表する作家・谷崎潤一郎が、代表作の「痴人の愛」を執筆したときの住宅が、和歌山県有­田川町で復元され、昨年12月19日より一般公開が始まりました。

谷崎潤一郎が大正13年から2年ほど暮ら­したとのこと。約50㎡なので15坪ぐらいの平屋建ての住宅です。

元々は神戸市東灘区にあり、取り壊しの危機を知った同町出身の材木商則岡宏牟(のりおかひろむ)さんが、故郷和歌山で運営する私設博物館「和歌山牟三荘」に部材を運び、11月末に復元工事を終えたとのこと。

間取りは小説「痴人の愛」に登場する「アトリエ」で、柱やドアの枠、窓ガラスなどは当時のもの­を使い、再現されています。

復元を行った則岡さん、会社の経営者だけでなく、学生でもあるんですね。

谷崎ファンは一度は行きそうですね。旧宅を地方に移築して、町おこしするのも面白いですね。

 

谷崎潤一郎が「痴人の愛」を執筆した旧宅「ナオミの家」復元!

痴人の愛 (新潮文庫)

  • 作者:谷崎 潤一郎
  • 出版社:新潮社
  • 発売日: 1947-11-12

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。