土地には公にされてない情報が隠されている!土地と周りとの関係性を把握し、信頼してもらおう!

先日の「マツコ&有吉の怒り新党」で、「新居に引っ越したけど、挨拶回りはどこまでするべき?」という質問に対しての、マツコさんと有吉さんの答え方が面白かったですね。

「一軒家は難しそう」「したことないからわからない」という2人の感想から始まり、よく言われる「向こう三軒両隣はどういうことなの?」と基本的なところから入っていきます。

土地には公にされてない情報が隠されている!土地と周りとの関係性を把握し、信頼してもらおう!

「それだけじゃやダメ」と2人で話が広がっていくのですが・・・

庭でギャーギャー騒いでいるのに、挨拶に来ないわねって、4・5辺りの人はなるよ。

4・5行ったら3も行かなきゃ、3・4・5は同じ間取りの建売住宅。4・5の家には行ったけどうちには来なかったってなるから、3には行かなきゃダメ。4と3は仲がいい。

14は大地主。地主だからうるさいよ。この辺の土地は元々14の土地だから。

そうなると、1と23も。1と23は権力者だから。あと8も。

14は挨拶行かないと、公園を使わせてもらえないよ。それだとしたら、13も行かないとね。

すると、16と25も何でうちには来ないんだとなるから、16と25も行かなきゃいけない。

1に行ったのに、なんで7には来ないんだとなるから、7も行かなきゃいけない。すると9がすねるから、9も行かなきゃ。そうなったら10も11も行かなきゃ。

妄想の設定からあれこれ話が飛躍して、「結局、全部じゃねーか!」と突っ込みたくなるトークの末、最終的には、「向こう三軒両隣」に加え、悩んだところは行ったほうがいいという答えに落ち着きます。

答えがどうというよりも、お二人の話の下りが面白かったですね。やはり第一線で活躍されているタレントは違いますね(笑)こういう伝え方って面白いから見てしまいますよ。

 

土地には公にされていない情報がたくさん隠れている。

答えは、何軒というより、結局のところ、相手がどう思うかというところに行き着くんでしょうけど、新居の挨拶回りで悩んでいる人は結構多いので、フォローの狙い所です。

だから、その土地の周りとの関係性を把握できていると、アドバイスできるため、より信頼性を得ることができますよ。この辺はあまり公にされませんので、ネットにでてきませんからね。

土地には公にされてない情報が隠されている!土地と周りとの関係性を把握し、信頼してもらおう!

どんなにいい住宅を建てても、隣が最悪だと最悪になる。

2014年6月21日
土地には公にされてない情報が隠されている!土地と周りとの関係性を把握し、信頼してもらおう!

地元が好きな方は、既存の土地情報に出てこない土地情報を発信してみよう!

2015年12月30日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。