Casa BRUTUS No. 192『全部買えます! 美しい日用品ストア開店!』

Casa BRUTUSの最新号が発売されています。

今回の特集は、「美しい日用品」ということで、フランス、ドイツ、アメリカを巡って買い付けてきた新しい日用品300点を誌面で紹介するとともに、期間限定のオンラインショップ〈カーサ ブルータス ジェネラルストア〉ですべて販売する内容になっています。

カーサ ブルータス ジェネラルストアは、〈GENERAL VIEW〉のウェブサイト内に2月17日 12時オープン予定とのこと。

casa192-00 casa192-01 casa192-02 casa192-03

●KITCHEN 質実剛健で美しいキッチン用品。
・Wilhelm Wagenfeld/バウハウス流を貫くデザイナー。
・MITROPA/旧東ドイツの食堂車の食器類。
・Lufthansa/厳格で美しい機内食用カトラリー。
・ja!/ドイツのスーパーが展開する日用品。

●HEALTH 明快で潔いヘルスケア用品。
・USE/視覚障害者が作るブラシ工房探訪。
・HEMA/オランダ発の日用品チェーン店。

●TOOLS 佇まいが新鮮な日用道具の数々。
・TOTE BAG/メッセージ性のあるトート。
・GLOBAL PARTNER/大胆なパッケージが魅力の日用雑貨。
・HELLWEG/ベルリンの巨大ホームセンター探訪。

●STORAGE 業務用の良さが凝縮された収納用品。
・ULINE/全米にオフィスサプライを通信販売。
・RINGOPLAST/ドイツのコンテナ工場探訪。

●DESK 伝統的でベーシックな文房具。
・BRAUN/現在も影響力を持つデザインの名品。

 

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。