藍染杉フローリングに留まらず、日本の伝統色で染められた木材が広まってほしい!

徳島の地域特産資源「徳島(阿波)藍」を使った、面白いプロジェクトが始動しています。徳島の藍染めを、いろいろなモノと掛けあわせて、広めていこうという内容です。

掛けあわせたものには、食品や建材などがあり、今後も増えていきそうですね。

藍染杉フローリングに留まらず、日本の伝統色で染められた木材が広まってほしい! 藍染杉フローリングに留まらず、日本の伝統色で染められた木材が広まってほしい!

藍染杉フローリング、いいですね。色合いに品があります。(コスト面が気になるところですが・・・)

以前、こちらの記事で、「青色した木材は、簡単な塗装することで、味のある色合いに変化できないのか?」みたいなことを書きましたが、

藍染杉フローリングに留まらず、日本の伝統色で染められた木材が広まってほしい!

新国立競技場の建設は、国産材の普及するキッカケになる!?CLT工法は日本の林業を救う?

2015年12月31日

この団体の横展開でもいいですし、影響受けた他のところでもいいので、徳島の藍染めにかぎらず、日本の伝統色での染められた木材などが、普及していってほしいですね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。