まだメルマガ始めないの?企業からの情報取得・閲覧には「メール」が安定した人気

メール、LINE、ソーシャルメディアなどのツールの中で、ユーザーは企業からの情報を、どのように取得したり閲覧したりしているのか?

という、最新調査結果を、エクスペリアンジャパンが2月16日に発表しています。

 

調査結果の気になる部分をまとめると、

  1. ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールがNo.1
    95.4%がメールを利用、次ぐLINEは対前年の約2倍と急激な伸びを見せ68%が利用
  2. 30代以上のユーザーにおいては、企業からの情報収集・検討・購入のきっかけとなるメディアとしてメールがNo.1。
    20代以下ではLINE、Twitterの寄与度がメールに迫る
  3. 全ての年代において、メールマガジンをスマートフォンで閲覧する割合が増加
    パソコンでの閲覧は減少。特に20代以下、30~40代におけるノートPCの減少が目立つ

LINEやFacebookなどの普及は勢いがありますが、コミュニケーションで使うのと、情報収集で使うのが、必ずしも一緒とは限らないということですね。

その辺りを考慮すると、個人的な知らせならSNSで、企業からの案内ならメールといったところでしょうか。新しいツールが出る度に「メールはもう古い」などと言われてきてますが、メールの安定感は10年以上続いているわけですからね。

 

ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールがNo.1。

95.4%がメールを利用、次ぐLINEは対前年の約2倍と急激な伸びを見せ68%が利用

まだメルマガ始めないの?企業からの情報取得・閲覧には「メール」が安定した人気

LINEの場合、コミュニケーションと情報受信が一緒になりがちなので、クーポンなどの衝動買い情報なら合うんでしょうけど、仕分けしにくいので、ネットを使いこなせる人ほど、企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアには、メールが相性良いと思いますよ。

 

30代以上のユーザーにおいて企業からの情報収集、検討、購入のきっかけとなるメディアはいずれもメールが50%を超える。

まだメルマガ始めないの?企業からの情報取得・閲覧には「メール」が安定した人気
  • 情報の収集や閲覧のきっかけ
  • 商品の購入やサービスの申し込みを検討するきっかけ
  • 商品の購入やサービスの申し込みの決め手

のメディアの利用目的別いずれも、「メール」は、全年代で1位ですし、30代以上では5割を超えています。やはりなんだかんで、まだまだメールは強いことがわかりますね。

 

全ての年代において、メールマガジンをスマートフォンで閲覧する割合が増加。

パソコンでの閲覧は減少。特に20代以下、30~40代におけるノートPCの減少が目立つ

まだメルマガ始めないの?企業からの情報取得・閲覧には「メール」が安定した人気

パソコンのメールもスマホで送受信できますし、スマホがあれば、パソコンいらないという方もいるでしょうから、どんどんスマホで閲覧する人は増えますよ。

家づくりを考えている世代(30代~)の利用状況を考えると、スマホ×メルマガを狙っていくのは必然ですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。