壊したくなる冷たい壁なんて最初から作るな!小さな子どもに「子供部屋(個室)」なんていらないでしょ。

こういう記事を読むと、小さな子どもに「子供部屋(個室)」なんていらないなと感じてしまいます。

ブランディ・ウッドはカルフォルニア州レイクサイドに暮らす若い母親です。彼女が愛していたのは、夫、双子の息子たち、そして自分のスマートフォンでした。 ある日、息子のブレイニーとライニーと自宅にいたブランディは、ある実験をしてみることにしました。現代のテクノロジーが家族に与えている影響を検証してみたかったのです。

母親が部屋の隅で静かに座わって観察し、子どもたちが何回顔をあげて母親の方を見るかを数えてみると、ほんの僅かな時間にもかかわらず、2人は28回も母親に視線を送っていたというお話です。

「インターネットに気を取られている間に、子ども達の視線、そしてシグナルを見落としてしまうかもしれない。」という警告を説いているのですが、

小さな子どもの親に見ていてほしいという感情は、子供部屋(個室)なんていらないと訴えいるようにも聞こえます。

大きくなって、子ども自身が自分でプライバシーな空間が必要と感じることが大事だと思いますし、そう感じた時につくればいいだけのこと。

家のつくり手側としては、そういう選択肢があることを伝えたり、あとから作れる空間を作るのも腕の見せ所になってくるわけです。

 

書いていてGTOを思い出したので、拾い物ですが貼っておきます(笑)

壊したくなる冷たい壁なんて最初から作るな!小さな子どもに「子供部屋(個室)」なんていらないでしょ。

壊したくなる冷たい壁なんて、最初から作るなってことです。
モノとして作った壁が、コミュニケーションの壁になることもあるわけです。

家は子育てのためには必要ですが、子どものためにあるものではないと思っています。子どもが自分の部屋がなくて居心地が悪いなら、さっさと自立して出て行けばいいだけの話です。

 

壊したくなる冷たい壁なんて最初から作るな!小さな子どもに「子供部屋(個室)」なんていらないでしょ。

家をつくって子を失う―中流住宅の歴史 子供部屋を中心に

  • 作者:松田 妙子
  • 出版社:住宅産業研修財団
  • 発売日: 1998-04


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。