戸建住宅用の宅配ボックスは注文住宅にも必須のアイテム!

マンションでは当たり前のように付いている宅配ボックスですが、戸建住宅用の宅配ボックスは、注文住宅にも必須のアイテムになってきてますね。

ネットショッピングや、共働きにより、荷物の配達時に留守も多い家庭が増える中、宅配便の再配達をしなくてもよくなる宅配ボックスの需要が高まっているようです。

最近、パナソニックが発売したのでは、宅配ボックスで受領印が押せるので、受け取りのサインが必要なものも、宅配ボックスで対応可能になります。

インターネットなどで購入した荷物を受け取り、受領印が押せる
戸建住宅用 宅配ボックス「COMBO(コンボ)」を発売

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、通信販売やインターネットショッピングなどで購入した荷物を受け取り可能な、捺印機能搭載の戸建住宅用 宅配ボックス「COMBO(コンボ)」4タイプ・4色を2016年4月1日より発売します。受取人が不在でも宅配業者が宅配ボックスに荷物を入れて捺印できるので、再配達の削減に役立ちます。

戸建住宅用の宅配ボックスは注文住宅にも必須のアイテム!

受領印が押せるなら、従来の宅配ボックスに入れてくれない書留とかにも対応できるんですかね?できるなら、すごい便利ですよ。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。