リーマン・ショックを扱った映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

3月4日(金)より公開されている、リーマン・ショックを扱った映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が面白そうです。

2005年から2008年のリーマンショックによる世界金融危機が起こる過程で、それをいち早く予測した男たちの闘いを描いている内容になっています。事件が起きてから震災前ぐらいまで、「リーマン・ショックのせいで・・・」と言い訳している方は結構いました(笑)

リーマン・ショックを扱った映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

マネー・ショート 華麗なる大逆転

リーマン・ショックといえば、サブプライムローン

サブプライムローンを簡単に言うと、通常のローンでは通らない、低所得者層の返済能力の低い人達にも、住宅ローンを組めるようにしたローン商品です。

当時のアメリカでも、マイホームを持つことが夢という方が多かったようで、低所得者層の返済能力の低い人達にも、自分たちの家を持てるようにしてくれたのが、サブプライムローンでした。

サブプライムローンを利用して、マイホームを持つということは、低所得者層にとっては、ある意味アメリカンドリームみたいなものでしたが、実態は、賢い連中による下流食いビジネスだったというわけです。

日本でも住宅ローンの低金利や頭金0円などを指して「日本版サブプライムローン」という警告を鳴らす方もいらっしゃいます。数字だけを追って考えたら、35年もローンを組むって、やっぱりリスクが大きいです・・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。