今までの積み重ねの中で、お互いに共有できるものがあるか?

サッカーゲーム「ウイニングイレブン」が、誕生してから20年周年ということで、昔からのユーザーが共感しそうなCMを公開しています。30代の方は、かなり共感できるのではないでしょうか?

ちなみに、当時よく使ってた国は、ユーゴスラビアです(笑)ピクシーことストイコビッチを使ってましたね。

ウイイレあるある

  1. 選手の数値を気にする
  2. ファール後に外人選手風のリアクションをする
  3. ジョン・カビラの実況モノマネをする人がいる
  4. ピンチになるとポーズボタンでプレイを中断
  5. PKの時に手元を隠す
  6. 熱中しすぎでコントローラが壊れる
  7. 速すぎるババンギダ!

価値観はこれまでの積み重ねから成り立つ

価値って、人であったり、物であったり、環境であったり、これまで歩んだ人生がつくってます。だから大人になると、まで築き上げてきたものがある分、価値変わりにくいわけです。

「今までの積み重ねの中で、お互いに共有できるものがあるか?」

あれば、共有したほうがいいですし、なければ、新たに作って共有しましょう。それが、信頼関係UPにも繋がります。

今までの積み重ねの中で、お互いに共有できるものがあるか?

暮らしを提案する際、その歳の差は12~15年が限界!?

2015年10月20日


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。