動画のプラットフォームが充実し、視聴者の目が肥えたため、動画をただ作ればいい時代はあっという間に過ぎた!

2016年に入り、動画がどんどん充実してきていますね。

Youtubeは、テレビからオンライン動画へということで、この先の10年で動画がテレビを追い越す4つの理由を挙げられています。

  1. モバイル
  2. 多様性
  3. 音楽
  4. 360度動画/VR
IDYv8flhgOQ

 

AmebaFRESH!(アメーバフレッシュ)に期待してます!

日本だと、サイバーエージェントが、2016年の今年、動画に勝負を掛けているようです。

サイバーエージェントの社長・藤田さんの1月2日のブログや、

動画元年

今年はいよいよ弊社にとって、動画勝負の年になります。
下期だけで70億円の先行投資を行うことは既に発表済みですが、
不安はないと言えばうそになります

この辺の記事を読むと、動画に力を入れてるんだなというのが、よくわかります。

10年くらい前に、「AmebaVision」を知って、その後、芸能人を巻き込んだ「アメスタ」とか注目していましたが、イマイチ感が否めなくて(笑)・・・ほとんどが赤字のまま撤退を余儀なくされてたようですね。

ですが、今度の、

が良い感じで、期待しています。

AbemaTV(アベマTV)

AbemaTV(アベマTV) | インターネットテレビ局

AbemaTV(アベマTV) | インターネットテレビ局

AbemaTV(アベマTV)は、CSっぽい感じがしますが、ニュースやドキュメンタリー、アニメ、スポーツ、音楽など、メジャーなカテゴリーを中心に放送しています。番組を選ぶというより、テレビの様に放送スケジュールが決まっています。テレビ朝日との共同のようですね。

AmebaFRESH!(アメーバフレッシュ)

AmebaFRESH!(アメーバフレッシュ) - 無料で生放送が見放題

AmebaFRESH!(アメーバフレッシュ) – 無料で生放送が見放題

もう一つの、AmebaFRESH!(アメーバフレッシュ)は、サーフィンやバスケットボールなどのスポーツ試合中継や臨場感あふれるプレイ映像、人気ペットなど可愛い動物の映像から、麻雀や政治まで様々なジャンルのコンテンツを見ることができます。

法人も個人も、基準をクリアしていれば、チャンネルを開設できるようですが、審査があるようなので、Youtubeの様に誰でもというわけではなさそうです。

先日、スマホから、「ホリエモンのプライベートホームパーティーに潜入生中継」を見ていましたが、wi-fi環境だとストレスなく見れましたよ。コメントも残すことができますが、ニコニコ動画の様な、ガヤガヤした小汚さがなくて良いですね(笑)

オンライン動画に求めるレベルが高くなる

こういった感じで、プラットフォームが整ってくると、視聴者側も動画に求めるレベルも高くなりますよ。ただ作ればいい時代はあっという間に過ぎましたね(笑)

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。