腐った不動産業界に任せていいの?家のつくり手側が土地探しのフォローやサポートするのが当たり前になる!

既存の土地情報ってつまらない情報が多いんですよね。広い安い近い、そんな判断基準しか与えられないような、つまらない情報なんですよ。なので、既存の土地情報に出てこない土地情報を発信しようということを以前も書いています。

腐った不動産業界に任せていいの?家のつくり手側が土地探しのフォローやサポートするのが当たり前になる!

地元が好きな方は、既存の土地情報に出てこない土地情報を発信してみよう!

2015年12月30日

例えば、これから家を建てたい方向けであれば、下記の記事のように、独断で、子育てがしやすいであろう街をピックアップしたっていいわけです。

 

土地情報を扱っている不動産会社がダメ

土地情報を扱っているのは、主に不動産業者になりますが、上記の記事内の冒頭に、

最もよく言われるのが「郊外の自然が豊かな街」というもの。自然が豊かな場所なら、子どもは伸び伸びと外で遊び、健康的に育つと思うようだが、これは大きな勘違いだ。自然があっても、一緒に遊ぶ友達がいなければ、外で遊んでも安全な街でなければ子どもは外遊びをしない。田舎の海も山もある街でさえ、多くの子どもは室内でゲームをしていたりすることを考えれば、「自然がある=子育てに良い街」は不動産業者が郊外物件で、自然しかない物件を売る際の宣伝文句にしか過ぎないことがわかるはずだ。

と書かれているように、不動産業者との乖離って大きんですよね。

世の中の不動産業者の9割はクソだと思っています(笑)会社もですが、営業マンという業種に問題があるんだと思いますが・・・

腐った不動産業界に任せていいの?家のつくり手側が土地探しのフォローやサポートするのが当たり前になる!

営業マンがリフォーム工事の勧誘に来る会社は、歌舞伎町のぼったくり客引きと同レベル!

2016年3月6日
腐った不動産業界に任せていいの?家のつくり手側が土地探しのフォローやサポートするのが当たり前になる!

【閲覧注意】住宅営業マンの99%は不要!

2014年11月26日

不動産業者がクソなその理由を、東洋経済の記事が的を得ていたので紹介します。

記事の中では3つの理由を挙げてられています。

  1. 激しい売り込み、しつこい営業
  2. 売りっ放しの業界体質
  3. 業界モラルの低さ

電話ばっか掛けてきやがり、「こちらは売れさえすればいいんで」というクソ営業マンの言葉を何度聞いたことか(笑)

更に付け足すなら、良いことばかりしかいいません。デメリットを言わないのです。東京のマンションの話ですが、下記の記事は参考になります。

 

家のつくり手側が土地探しのフォローやサポートするのが当たり前になる

もちろん、ちゃんとしている不動産会社もありますが、この業界の腐りは改善されないでしょう。ただ、一般の方からすると、一生に何度もある機会ではないし、自分で学ぶこともないわけですから、やはりフォローやサポートするのが求められてきます。

一部の工務店では、土地探しのフォローやサポートもやっていますよね。これが当たり前になっていってほしいです。でも、不動産業者と癒着してたり、同じ目線になってはダメですよ。大事なのは土地探しを通じて信頼関係を築くことです。

今、不動産業界もC to Cの流れが生まれてきていますので、お客さんにとって、魅力の無い仲介は、間違いなく廃れます。不動産は元々流動性が悪いわけですから、既成概念やしょうもない壁を取っ払って、流れを良くしていったほうがいいと思うんですけどね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。