さらばアンビルトの女王、建築家ザハ・ハディド

2020年の東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の白紙撤回された当初案を手掛けた、建築家のザハ・ハディド氏が3月31日(現地時間)、米フロリダ州マイアミの病院で心臓発作のため死去したとのこと。色々な方や色々なメディアで話題になっています。

なんというタイミングでしょうか。

新国立競技場のデザインが白紙撤回され、その後の新デザインに対して、ザハ氏は「そのデザインが自らのものに酷似している」と訴えたり、英『The Telegraph』によると、日本スポーツ振興センター(JSC)は、ザハ氏デザインの著作権に関連する、そのデザイン料の支払いを拒否・保留しているという話もあったりで、

エイプリルフールも絡んでか、暗殺説とか、陰謀説とか飛び出す始末・・・

振り返ると・・・

振り返ると、ここ数年で、ザハ氏の日本での知名度は一気に上がりました。

元々、建築家業界では、デザインがあまりにも斬新すぎて、設計が実際に建築されないことも多かったため「アンビルトの女王」とも評され、有名でしたが、やはり、新国立競技場のデザインで採用されたことが、一気に日本での知名度が上がりましたね。風貌もインパクトがありますから(笑)

ザハ・ハディド氏「新国立競技場デザイン・コンクール表彰式 プレゼンテーション」

その後の、工事費見直しの新提案のプレゼンテーション

もし最初の案で進んでいたら、どうなっていたのでしょうか?スタッフに担えるとは思えないので、やはり代わっていたのかもしれません。もしくは基本設計をベースに、日本がやりたいほうだい?また、他のプロジェクトもどうなるのか?

それにしても、カリスマ的な存在であるボスがいなくなった事務所は、今後どうしていくか気になります。カリスマが作り上げたブランドにズルズルとすがらず、変化した方がいい気もしますが・・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。