電話とFAXが主流の非効率な住宅業界にメスを入れるコミュニケーションツール・ChatWork(チャットワーク)

仕事を進めていく上で、関係者間のコミュニケーションは、チャットワークがオススメです。これはぜひとも住宅業界で取り入れるべきですよ。

主な機能としては、

グループチャット

複数人が参加するグループチャットでコミュニケーションができます。メッセージの返信・引用・編集・削除機能や、絵文字を活用して、素早く正確に情報共有をすることが可能です。

電話とFAXが主流の非効率な住宅業界にメスを入れるコミュニケーションツール・ChatWork(チャットワーク)

タスク管理

コミュニケーションの中で生まれたやるべきタスクを作成し、管理することができます。依頼したタスクのやり忘れや漏れがなくなります。

電話とFAXが主流の非効率な住宅業界にメスを入れるコミュニケーションツール・ChatWork(チャットワーク)

ファイル共有

ワードやエクセル、画像ファイルなどをチャットワーク上で共有できます。チャットメンバーはいつでもクラウドからダウンロードして閲覧することが可能です。

電話とFAXが主流の非効率な住宅業界にメスを入れるコミュニケーションツール・ChatWork(チャットワーク)

ビデオ会議/音声通話

パソコンのマイク・カメラを使って、通話料無料でビデオ会議や音声通話をすることができます。遠隔地の取引先とビデオ会議をしたり、外出中でも会議に参加することができます。

電話とFAXが主流の非効率な住宅業界にメスを入れるコミュニケーションツール・ChatWork(チャットワーク)

などなど、業務を効率化できるコミュニケーションツールです。その便利さから、いろいろな会社で取り入れられています。

電話とFAXが主流の非効率な住宅業界にメスを入れるツール

単刀直入にやりとりできるのでムダがなかったり、誤送信の心配がなく、ドラッグ&ドロップでファイルを送信・管理できます。ビデオ会議やタスク管理などもできるため、作業の効率化も図れます。パソコンでもスマホ(アプリ)でも使えるため、いつでもどこでもチェックできたり、仕事が片付くわけです。

また、チャットワークアカウントがあれば、社外の人も巻き込んだコミュニケーションが取りやすいので、社内外の連携で指示漏れを防げたり、情報を共有したり、意思決定を下しやすかったりするわけです。

営業や設計といった同じ社内だけでなく、工務店と業者間であったり、工務店と設計事務所とか、プロジェクト事に立ち上げられるのは良いですよ。電話とFAXが主流の非効率な住宅業界にメスを入れるツールだと思っていますし、すでに工務店の方の利用事例もあります。

まずは無料で使えるフリープランで『チャットワーク』の使い心地を確かめてみてはいかが?動画チャンネルでは、使い方も解説されてたりしますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。