二世、三世経営者は、「この質問」に答えられない。by 稲盛和夫

住宅業界には、二世・三世の方が多くいますし、常務、専務の役職に付く二世・三世経営者も、よく見かけます。

そんな、二世・三世経営者に向けた、稲盛和夫氏のこの記事は面白いですね。

稲盛さんといえば、京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、JAL再建の陣頭指揮を執った「経営の父」とも呼ばれてる方です。

Kazuo_Inamori

2004年に出版された著書の「生き方」は、評判が良いですよ。

 

二世・三世経営者に向けて書かれた記事はこちら

 日本の中小企業の場合、子どもが後を継ぎたがらないところがほとんどです。子どもたちにとっては、親の商売はどこか古臭いし、みっともなさそうなので、大学に入って勉強して、一流の会社に勤めようとします。しかし、社会へ出てからしばらくすると、社会の厳しい風に当たって、「やっぱり家に帰って、親の後でも継ごうか」と思うようになって、家に戻ります。

もしくは、家業を継ぐ気はなかったけれども、お父さんが急に病気で倒れ、お母さんに「家に帰って、どうしても後を継いでほしい」とせがまれて、仕方なく実家に帰る人もいます。

この二つのパターンのどちらかで、家業を継ぐ人が多いのです。

そういう人は、たとえ大学の経営学部や商学部を出ていても、今日私が話しているような商売の原点については教わっていません。経営をしていく上で知っているべきことを知らないまま、一流企業を辞めて家業を継ぐわけです。

記事に書かれているような、そんなひどい二世・三世っているの?って思いがちですが、一代目がある程度成功していると、知らず知らずそうなりますよ。二世・三世は、ゼロから築き上げていくお金の苦労を知らないんですから。

また、昔、とあるハウスメーカーの創業者に言われた言葉で、「親子で一緒に仕事ができるのは、親が進んでいるか、子が遅れているかのどちらかだ」みたいなことを言われました。一代目である親がある程度成功していたら、子が遅れているというレッテルを貼られますから(笑)まぁ、この創業者も親側が上手く行きすぎて、親子では上手く行かなかったようで(笑)

「継ぐ」「継がない」は個人の自由なので、どちらが正しいというわけではないと思います。現に、親族で住宅事業を営んでいるというだけで、お客さんからは無条件に信用されやすくなるわけですし。

私も同じ二世・三世ですが、個人的には、20~30歳も離れて、同じ価値観で働くって、異常だと思ってたので、追い出される形で出て行きました(笑)

 

少し古い漫画になりますが、武論尊原作、池上遼一作画の『HEAT-灼熱-』で書かれていた内容が的を得ている気がします。

  • 媚びて飼われて飯喰って...その代わり、一生、鎖でつながれる
  • 糞みてェな上司に追従(クソ)笑い作って、血管切れるような思いして上がって来る

極端な生き方ですが、当たってますよ。

heat1

媚びて飼われりゃ飯は喰える...だが一生、鎖でつながれる...

heat2

糞みてェな上司に追従(クソ)笑い作って、血管切れるような思いして上がって来たんだよ!

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。