開放的すぎるけど、住宅にとって「窓は大きければいい」というものではない!

開放的すぎる!という驚きと同時に、どれだけお金が掛かってるんだろう?と思ってしますのが、こちらの映像。

全自動でスライドして全開になる窓

[vimeo id=”147050497

枠は見えますが、完全にガラス張りで、一体感のあまり、子どもはぶつかりますね(笑)

また、ガラスの面積も広いので、ガラス自体もかなり強度のあるものを使わないと、むずかしいですよ。建物の構造も結構頑張っています。

窓の移動も、手動ではなく自動で、角もスムーズに回転しながら収まっていきますし、レールも目立たずすっきりしていて、建築家が好きそうな雰囲気です(笑)

個人的には、窓の大きさやガラスの面積が異常すぎて、割れそうな不安にかられて、落ち着かないと思いますけど・・・窓は大きければいいってものではないですよ(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。