最も得意とするものの逆を補う!リアルで築くのが得意なら、ネットで集めることを補おう。

住系のキュレーションサイトの「iemo」が運営する、インテリアショップ「DECORTOKYO(デコールトーキョー)」が5月1日にオープンしました。

最も得意とするものの逆を補う!リアルで築くのが得意なら、ネットで集めることを補おう。

DECOR TOKYO

小さなDIYグッズから壁紙や建具、床材などの内装建材、家そのものまで選べる、総合的な住まいのショップになっています。

運営はiemoだけでなく、女性向けのDIYや内装デザインなどを手掛ける夏水組をはじめ、ビーノマスターズクラブ/フリークホームズ、ニトムズ、リノベる、フィルといったインテリア関連各社とともに共同運営とのこと。

DECOR TOKYOの店舗だけでなく、立ち上げにあたり、巻頭インタビューや、商品紹介などを掲載したタブロイド紙も発刊しています。

最も得意とするものの逆を補う!リアルで築くのが得意なら、ネットで集めることを補おう。

タブロイド紙

ネットからリアルへ、リアルからネットへ

上記の例が、ネットからリアルへ持っていったように、これからの集客を考えたら、ネットもリアルも上手く活かすことが必要ですよ。

以前から、集客を、

  • 「集めること」
  • 「(信頼関係を)築くこと」

という風に分けましょうとしていますが、これを、さらに、

  • 「ネット」
  • 「リアル(アナログ)」

に分けます。つまり、掛け合わせると、

  • ネットで集める
  • ネットで築く
  • リアルで集める
  • リアルで築く

の4つに分かれます。

ネットで集めるとは?

ネット広告や、ホームページから、新規客を集めること。

ネットで築くとは?

ブログやメルマガなど、ネットを通じて、見込み客と信頼関係を築くこと

リアルで集めるとは?

チラシ(折込みやポスティング)などで、新規客を集めること

リアルで築くとは?

セールス力もここに該当しますが、主には、ニュースレターやコミュニティイベントなどで、見込み客と信頼関係を築くこと

そして、これら4つの中で、最も得意とするものの逆を補うのです。

つまり、

  • ネットで集めるのが得意なら、リアルで築くことを補う。
  • ネットで築くのが得意なら、リアルで集めることを補う。
  • リアルで集めるのが得意なら、ネットで築くことを補う。
  • リアルで築くのが得意なら、ネットで集めることを補う。

ということです。

極端な話かもしれませんが、反対側の訴求って、効果的に働きやすいんですよ。デザインで言うところの「補色」に近い気がします。

ネットに慣れている顧客は、ネットでの世界に慣れ親しんでいるので、ネットで接し続けていても、他に埋もれてしまい、忘れられたりしてしまう可能性が大きいです。

その逆のリアル(アナログ)経由で集めた顧客も、アナログ媒体に慣れていて、忘れられたりしてしまう可能性が大きいです。

例を挙げるなら、、、

会えばほぼ契約に持っていけるという会社なら、ネットで集めることに力をいれるべきですし、

チラシなどのアナログ媒体で獲得した顧客は、それ以降もアナログ対応で、フォローしたり、追っかけたりするよりも、ネットを利用して、フォローした方が、普段接していない分、頭の中に残りやすいです。

これは、30代など世代的に、デジタルとアナログの両方に精通していることも、影響していますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。