女流棋士・高橋和さんの想いをカタチにした「将棋の森」は、北欧スタイルの将棋スペース?

日本将棋連盟女流棋士の高橋和(やまと)さんが、2016年6月、東京・吉祥寺に将棋スペース「将棋の森」のオープンを目指していて、支援を募っています。

女流プロ棋士が思い描く、新しい形の将棋教室は、女性ならではの視点で、女性や子どもたち、はじめての方や級位者が安心して来られる将棋の空間を実現しようとされています。

お堅い業界の、初心者向けサロン展開はいいですね。サロンだと、コミュニティも生まれやすいですし、体験しながら、自分のペースで学んでいくことができますしね。

スペースのデザインには、設計事務所の方も関わっているので、女性や子どもでも入りやすい仕上がりになりそうです。高橋さんは、カフェのようなイメージで北欧スタイルが好きなようで、北欧スタイルの将棋スペースっていいですね。

支援のリターンとしては、元プロ野球選手の古田さんと対戦できるかもしれない権利や、渡辺竜王とのガチ指導対局もあったりで、将棋好きにはたまらないリターンですね。

 

将棋の堅さがほどけてきている

ここ数年、将棋の堅さがほどけてきていて、初心者でも接しやすい状況になってきてるんですよね。この辺は住宅業界も見習ったほうがいいですよ。

など、映画・アニメ・マンガ・小説など、いろいろなメディアでも評価されてきていますし、若い女流棋士のアイドル戦略も大きいですよね。将棋番組「将棋フォーカス」は、将棋好きのアイドルがMCをしていたり・・・

高橋さんのように昔から女流棋士はいて、将棋ファンの一部の方で盛り上がっていたのが、ネットの影響もあり、将棋ファン以外の人も巻き込んでいるような気がします。お堅い方は「むっ」と思うかもしれませんが、将棋ファンを獲得するには大事なことですよ。

住宅や建築も似たようなところがあるんですが、周りを巻き込めるだけのアイドル的存在が出てこない・・・周りがフォーカスしないんだったら、自分で発信していくPR力は必要です。1対1で対決する世界ではないので、周りにどう見せるかは大事な要素ですよ。

 

女流棋士

女流棋士

女流棋士

  • 作者:高橋 和
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2002-04

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】選ばれる家づくりを実現しませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

 

工務店経営者にしか実行できない注文住宅10棟を超えるための最低条件(概要編)

2019年9月7日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。