周りの工務店・設計事務所と似たり寄ったりな集客できないポジショニングを今一度見直そう!

ブログ、メルマガ、Facebook、youtubeなど、色々やっているんだけど、どうも結果が出ない、、、集客できない、、、全然効果につながらないのは、

ポジショニングが固まっていないことが、原因だったりします。

ポジショニングとは、自社のビジネスや特定ブランドを顧客のニーズに合わせると同時に,競争企業あるいは競争ブランドと十分に差別を行ないながら顧客の記憶の中にユニークに位置づけること。

ポジショニングについては以前、『「私はこの陣地で家づくりをやるんだ!」という旗を立てよう!工務店や設計事務所のポジショニングとは?』という記事を書きました。

周りの工務店・設計事務所と似たり寄ったりな集客できないポジショニングを今一度見直そう!

「私はこの陣地で家づくりをやるんだ!」という旗を立てよう!工務店や設計事務所のポジショニングとは?

2016年1月16日

何はともあれ、まずはポジショニングです。立ち位置を決めましょう。

ただ、、、、

その一方で、すごく大事な現実もあります。それは、決めたポジショニングも、

ポジショニングは2~3年以内に変わります。

他の業界では1年位で変わりますが、サイクルの遅い住宅業界でも、2~3年で変わらざるをえなくなります。例えば、決めたポジショニングに何らかの変更を加えたり、全く別のポジショニングに移行したり・・・

なぜ、変わらざるをえないのかというと、業界全体が似たり寄ったりになりやすいからなのです。良いポジションはすぐにマネをされますから・・・

木造賃貸住宅の再生というポジション

例えば、良いポジションだなと感じた最近の例ですと、「木造賃貸住宅の再生」です。

周りの工務店・設計事務所と似たり寄ったりな集客できないポジショニングを今一度見直そう!

外構を変えただけで満室になった

建築家の連さんは、ホームセンターなどでも販売されている数百円程度の部品を組み合わせた改修を提案し、入居者が見つからず、取り壊すこともできない空き家と化した木造賃貸住宅の再生に力を注ぐ、若き建築家として紹介されています。

今年の1月には、テレビ東京のクロスロードで、特集されていました。

連さんは、まだ20代ですけど、ポジショニングに年齢は関係ないですよ。ささっと行動に移し、旗を立て、実績をつくることで、良いポジションが築けるんです。こういうのは、小さな組織や個人の方が動きやすいんですよ。たらたらやって、5年後に「木造賃貸住宅の再生」をうたったところで、遅いわけです。

ポジショニングの構築は、、、

ポジショニングを築いていくには、

時間をあまり掛けずにスピード重視で取り組みます。そして、そのポジションを活かす情報発信をスタートさせて、状況を見ながら、ブラッシュアップさせていく。

・・・ということなんです。

ポジショングの正解は、相手(お客さん)あってのことなので、自分で「このポジショニングでいける!」と思っていても、実践してみないと分かりません。

だからこそ、早く作って、テストも兼ねてスタートをきり、実践しながら、周りの反応を見ながら変えていくんです。こうすることで、見込み客を引き寄せる“魅力的なポジション”を築くことができるのです。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。