家を建てたい人をスマホで集客するなら「検索」?「SNS」?

株式会社ジャストシステムが、『スマートフォンでの検索に関する調査結果』を発表しています。本調査は、スマートフォンを所有する10~50代の男女409名を対象にしているとのこと。

家を建てたい人をスマホで集客するなら「検索」?「SNS」?

知識や解決方法を検索する場合

調査結果の概要の興味深いですね。

3人に2人が、「課題に対する解決方法」は「Google」で探す

スマートフォンで「課題に対する解決方法」を探す際に最も利用するサービスは、

  • Google 60.9%
  • Twitter 8.6%
  • Facebook 5.6%
  • Instagram 2.9%

Googleで探すというより、検索して課題に対する解決方法を探すってことでしょうか。ただ、記事のない(答えのない)ところにはたどり着かないわけですから、中身の充実が求められてきますね。

ビジネス上の知人を探すのは「Facebook」

スマートフォンで「ビジネス上の知人」を探す際に使用するサービスは

  • Facebook 26.9%
  • Google 18.6%

20代から50代までは「Facebook」で探す人が最も多く、年齢が高くなるにつれて割合も高くなる傾向にあり、40代は35.7%、50代は35.8%。

ほんとFacebookってBtoB向けになりましたよね。一般向けに使う場合、コミュケーションを取るならいいけど、集客には微妙なんでしょうね。きちんと設定を施したFacebook広告ならまだ望みはあるんでしょうけど・・・


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。