工務店も本格的な長めの動画をつくるなら、音楽にも力を入れてほしい!

YouTubeにアップされた動画の99%は、ほとんど再生されることも視聴されることもなく終わってしまっているようです・・・(悲)どんどんレベルの高い映像が生み出されていますので、あまりにもレベルが低いのは見る気にもなれないですよね。

GoogleからのYouTubeについての公式なデータではないですが、リサーチ会社の調査で、動画の数こそ膨大であるものの、実際の再生回数の93%は、YouTube上の1%の動画に集中。また、同じく実際の視聴時間の94%は、やはりYouTube上の1%の動画に偏っているというデータが発表されています。

長い動画は、音楽が良いと見続けやすい?

最近、長めの動画を再生して、音楽が良いと、見続けようという気になりやすいのは、自分だけでしょうか?音楽を聞く感じで、映像を眺めているような状態になり、結果、見続けやすい気がします。

ミュージシャンでみても、例えば、今凄い話題になっている、岡崎体育さんの『MUSIC VIDEO』。ミュージックビデオにありがちな演出が詰め込まれたPVで、その内容や歌詞が注目されていますが、音楽(曲)も非常に良いんですよね。

まだ見たことない方は、映像を作る上での演出の参考にしてみてはいかがでしょうか?

岡崎さんのネーミングもそうですが、曲の全体の雰囲気が、電気グルーヴの石野卓球さんに似てると思いきや、岡崎体育さんの敬愛するアーティストは石野卓球さんでした(笑)石野卓球さんは、PVも独特ですからね。

その他には、RADIOFISH(オリラジ)の『PERFECT HUMAN』もそうですが、笑ってしまうんだけど、曲が良いんですよ。

先日、須藤元気さんが復帰しましたWORLD ORDERも、パフォーマンスに目が行きがちですが、音楽も良いんですよね。

企業のプロモーション映像でも同じ

曲の良さが求められるのは、企業のプロモーション映像でも一緒です。

ビジネス書のベストセラー作家である村尾隆介氏と映像クリエーターの大原勳氏がタッグを組み、企画から製作まで77万円で企業コマーシャルを製作している「77 Viralfilm Productions」が制作した映像も、音楽が良いんですよね。

長めの本格的な映像を作りたい方は、音楽にも力を入れてみてください。映像は総合芸術ですので、スマホの簡単動画とは力の入れどころが違いますよ。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。