施主の声は、住まい手の生活の知恵がたくさん散りばめられた集客のコンテンツにもなる!

無印良品では、三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集し、それにモニターとして、最終応募5,533組の中から選ばれたご夫婦がいらっしゃいます。もちろん、無印良品の関係者でもなく、プロのモニターやアフィリエイターなどのビジネス目的でもない、ごく普通のご夫婦です。

入居までの2年間のモニターで、住んでいる様子を発信し、最終的に「住み続けるか」「引っ越す」かの選択となり、住み続けることを選ばれたのでした。その辺りのストーリーがまとめられています。

住み続けて以降も、ブログで日々の暮らしの様子を発信されているのですが、これがすごく良いんですよね。

そして、この5月に、無印良品の家と、無印良品と、住まい手の生活の知恵がたくさん散りばめられた本を出版されました。

施主の声は集客のコンテンツになる

無印の例も、リアルなお客様の声として、魅力なブログを書かれていますから、これを読んで、真似したいという方もいらっしゃると思いますよ。やはり、リアルな声は信頼性が高いです。

今の時代、下手なつくり手より、住まい手の方がセンスがよかったりします。身近で親しみやすかったり、真似しやすそうだったり、そんな施主のセンスは、他の見込み客や施主に共有させた方がいいですよね。

施主のセンスをコンテンツにし、広めていく。これもつくり手側の仕事だと思いますよ。

施主の声は、住まい手の生活の知恵がたくさん散りばめられた集客のコンテンツにもなる!

施主のセンスを他の方にも再現できるようサポートするのも、つくり手側の役目

2016年5月28日


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。