オタクの夢が実現!サブカルという付加価値のリフォーム企画「痛部屋プロデュ―ス」

一目見ると「これは!」と唸ってしまう、日本のマンガやアニメなどのサブカルチャーの魅力を取り入れたオタクに特化した「痛部屋プロデュ―ス」が興味深いです。

痛部屋とは、痛い部屋のことである。趣味が出やすい自分の部屋であるが、その中でも特に自分の趣味を全開にした部屋が痛部屋と呼ばれる。といってもその趣味は、ゲームやアニメ、またその内容も美少女が多く登場するような物である場合が多い。
オタクの夢が実現!サブカルという付加価値のリフォーム企画「痛部屋プロデュ―ス」

法人向けですと、ホテルや外国人向けゲストハウスなどの物件を、壁紙、カーテン、寝具などのインテリアの製作から工事までを一貫して行い、マンガやアニメの作品をテーマとした「痛部屋」に改装していきます。オタク向けにインパクトのある「痛部屋」をつくることで、集客につなげていきます。

一般向けですと、「好きなモノに囲まれていたい」というオタクのニーズを存分に満たす、アニメやマンガの作品をモチーフとした壁紙やカーテンなどで、個人の部屋を改装するというものです。

気になる金額は、個人だと25万円~、法人だと50万円~となっています。簡単に言えば、サブカルという付加価値での、リフォームの面白い企画ですよね。

その内、痛部屋に加えて、ホログラムで好きなキャラと一緒に暮らせるようになったりしますよ(笑)

痛部屋事業を運営している王氏の、『世界に比して日本が最も遅れているのが「住」の分野』という指摘の通り、遅れている分、オタクの分野に限らず、「住」にはまだまだ楽しめる要素は眠っていると思いますよ。

衣食住のなかで、世界に比して日本が最も遅れているのが「住」の分野だといわれている。欧米や中国では賃貸住宅でも自由に改装するのが当たり前であるのに対し、日本は「原状回復義務」があるため、“自分好み”に部屋を改装するのは難しい。こうした慣習を打破すべく、不動産会社と提携して、「自分好みの部屋をつくるカルチャーを日本に根付かせたい」と王氏は語る。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。