大分にゆかりのある若手建築家は集まれ!展覧会『ARTPLAZA U_40 建築家展 2016』

先日、「大分市のアートプラザ(磯崎新 設計)で開催される、展覧会『ARTPLAZA U_40 建築家展 2016』の情報、並びに、出展者(若干名)の公募のお知らせを掲載してくれませんか?」という内容のメールが届きました。

知らない方からですし、内容も把握していないので、普通だったら断るんですど(笑)大分にゆかりのある若手建築家という絞り込んだ企画内容なので、転載ではありますが、掲載いたしました。

7年目を迎え、「近作展」という若手建築家の現在を見せる場にしたいとの考えですので、大分にゆかりのある若手建築家は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

▼以下、いただいたメールの転載です。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

展覧会『ARTPLAZA U_40 建築家展 2016』

http://oitaarchitects.seesaa.net

開催テーマ:
(仮称)「近作展 2016」

開催趣旨:
2010年より大分にゆかりのある若手建築家による作品展、アートプラザU-40建築家展は 今年で7年目を迎えます。
毎年1000名を超える来場者の方々へ向け、若手建築家の作品発表の場として開催してまいりました。
40歳以下の若手建築家という制限をあえて設け、若手だからこその「建築」に対する思い、奥深さや楽しさを一般の方へ知って頂けたと自負しております。
その建築家展も今年で7年目を迎えます。
昨年までの建築家展は、我々若手建築家が一般の方々へ向け、同じテーマにおいて各建築家による展示という場としてきました。
ですが今年は、テーマに沿った展示ではなく「近作展」という若手建築家の現在を見せる場にしたいと考えております。
実現した建築、実現予定の建築、実現出来なかったが実在するかもしれなかった建築を通して、建築家が周囲や社会へ何を考え何を答えとしてきたかを見れる場としたいと思っております。
「建築」という文化をより理解して頂けるようなイベントになるようにと考えています。

アートプラザ:
アートプラザは、大分市出身の国際的建築家 磯崎 新(ISOZAKI ARATA)氏の設計により「大分県立大分図書館」として 1966(昭和 41)年に完成し、以来、多くの市民の方々に親しまれてきました。
1996年の県立図書館の新築移転にともない、大分市は県から土地・建物を譲り受け、市民のための文化情報の交流の場「アートプラザ」として、活用再生をはかることとなりました。

企画名称:
ARTPLAZA U_40 建築家展2016

展示内容:
近年手がけた作品の展示

主催:
Oita Architects Proffesion(U_40 建築家展実行委員会)

共同主催:
ARTPLAZA
http://www.art-plaza.jp

後援(予定):
大分合同新聞社、TOS テレビ大分、NHK 大分放送局、OBS 大分放送、OAB 大分朝日放送、
エフエム大分、OCT 大分ケーブルテレコム、CJO シティ情報 おおいた、株式会社ゆふいんラヂオ局

開催場所:
ARTPLAZA アートホール 〒870-0046 大分県大分市荷揚町3番31号
TEL: 097-538-5000 / FAX: 097-538-5060

開催期間:
12月11日(日)~12月23日(金) 10:00~18:00  ※12/11は14:00~

出展者:
足立心也|Shinya Adachi
尾垣俊夫|Ogaki Toshio
門脇秀享|Hidetaka Kadowaki
佐藤圭|Kei Sato
首藤顕道|Akimichi Shuto
髙橋洋一|Takahashi Youichi
中野晋治|Shinji Nakano
松田周作|Shusaku Matsuda
山崎真司|Shinji Yamasaki
山本展久+菊池甫+東郷哲史
渡部容子|Watanabe Youko
ほか、若干名(公募中) ※五十音順

※※※U_40 建築家展実行委員会は、2016 年の出展者を公募します。

http://oitaarchitects.seesaa.net

開催テーマ:
ARTPLAZA U_40 建築家展 2016  (仮称)「近作展 2016」

開催期間:
2016年12月11日~23日

募集概要:
2010 年よりスタートした大分にゆかりのある若手建築家による作品展、アートプラザ U_40建築家展は今年で 7 年目を迎えます。
若手建築家の作品発表の場として開催してまいりました本展ですが、今年は「近作展」 という若手建築家の現在を見せる場にしたいと考えております。
実現した建築、実現予定の建築、実現出来なかったが実在するかもしれなかった建築を募集します。

展示対象:
実施を前提とした設計中もしくは施工中の建築、または過去に設計し竣工した建築を展示の対象とします。
実現の見込みがないもの(実現を前提 として設計したが実現しなかった建築(いわゆるアンビルド)は除く)や、アイデアコンペの応募作品は不可とします。

出展料:
30,000 円(超過分がある場合は後日清算)

公募締切:
2016年6月30日

参加資格:
下記の全ての条件を満たす方
・1977 年 4 月 2 日以降生まれ
・一級・二級または木造建築士の有資格者
・自分の責任で仕事をしている
・大分にゆかりのある人(活動地域、事務所所在、出身、在学、その他)
・自薦のみ

出展希望者は次の項目を下記メールアドレスまでお送りください。
・プロフィール
・代表作品(無くても可)
・参加したい理由
・建築・大分への熱い思い等

申し込み先:
u40oita@gmail.com

※実行委員会にて審査し、後日結果をお知らせ致します。
※会場等の都合により、参加できない場合があります。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。