カーサ独自の視点で選ばれた見逃せないアート100『Casa BRUTUS No. 197』

本日、7月9日に刊行される「Casa BRUTUS No. 197」の特集が、興味深いですね。見逃せないアート100ということで、カーサ独自の視点で、12のカテゴリー別に、演劇・デジタルアートなどの展覧会がセレクトされています。

  • 01:World Heritage [世界遺産]
  • 02:Art Festival [芸術祭]
  • 03:Travel [旅]
  • 04:Land Art [ランドアート]
  • 05:Installation [インスタレーション]
  • 06:Digital Art [デジタルアート]
  • 07:Museum [ミュージアム]
  • 08:Artist [現代美術作家]
  • 09:Performance [パフォーマンス]
  • 10:Gallery [ギャラリー]
  • 11:Exhibition [展覧会]
  • 12:Church [教会&チャペル]

建築界のオリンピック&万国博覧会「ヴェネチアビエンナーレ国際建築展」も特集されてますよ。

カーサ独自の視点で選ばれた見逃せないアート100『Casa BRUTUS No. 197』 カーサ独自の視点で選ばれた見逃せないアート100『Casa BRUTUS No. 197』 カーサ独自の視点で選ばれた見逃せないアート100『Casa BRUTUS No. 197』 カーサ独自の視点で選ばれた見逃せないアート100『Casa BRUTUS No. 197』

日本国内では「瀬戸内国際芸術祭」をはじめとしたアートイベントが目白押し。海外では6月ロンドンに待望の<テート・モダン新館>がオープン、パリではあの<フォンダシオン ルイ・ヴィトン>が現代美術作家により、カラフルな色に大変身するなど、アートの話題に事欠きません。そこで今回は、12のカテゴリー別にこの夏ヴァカンスで訪れ体感したいアートスポットを紹介。演劇・デジタルアート~絶対にマークすべき展覧会まで。カーサ独自の視点で「ベスト100」をセレクトしてみました。

カーサ独自の視点で選ばれた見逃せないアート100『Casa BRUTUS No. 197』

CasaBRUTUS(カ-サブル-タス) 2016年 8月号

  • 作者:
  • 出版社:マガジンハウス
  • 発売日: 2016-07-09
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。