宅建免許を持たなくても不動産ビジネスができる?利益目的の紹介が合法と認められる!

宅建免許を持たない個人や法人が、紹介料などの利益目的に、不動産会社に顧客を紹介しても、合法になったようですね。今まではグレーだった部分ですが、経済産業省が6月15日、合法と認める発表を行ったとのこと。

宅地建物取引業(宅建業)の免許を持たない個人や法人が、不動産会社に顧客を紹介した時に手数料を受け取る行為に対して、経済産業省が6月15日、合法と認める発表を行った。

経産省の担当者は「顧客へ物件情報を紹介する場合、不動産取引を媒介する行為となるが、業者を紹介するだけであれば仲介行為に当たらない。個人でも法人でも違法性がないことには変わりはない」とコメントしている。

宅建免許がなくても不動産ビジネス(紹介ビジネス)ができるので、新規参入者が増えると思いますよ。活発になる反面、不真面目な方も増えるので、悪質な紹介で事件沙汰な話が出てきそうですね(笑)そうなると、ますます信頼関係が鍵を握ります。

賃貸系なので、注文住宅にはあまり関係ないですが、ただ何か問題が起きた時は、結構一緒くたにされてしまうので、注意が必要かも・・・

紹介する人って、アレが良いコレが良いって簡単に案内するんですけど、大半は無責任にしていることが多いですよ。特に、最近のマーケティング業界なんて、紹介マーケティングという名のものとに、紹介アフィリエイトが乱雑しています(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。