子どもも楽しめる木材の比較実験『夏と木材とスイカ』

材木屋さんならではの実験「すぎ VS ひのき どっちが硬い?」が、面白いですよ。

お客様からの『杉(すぎ)と桧(ひのき)どっちが硬いの?』という質問に対して、社内で議論した結果、夏に絡めてスイカ割りで、どちらが硬いかを確認しています(笑)

すぎVSひのき どっちが硬い?スイカ割りで比較してみた! #スイカ割り #棒

みんなの材木屋さん(@zaimoku.me)が投稿した動画 –

\すぎ VS ひのき どっちが硬い?スイカ割りで比較してみた!/
お客様から杉(すぎ)と桧(ひのき)どっちが硬いの?という問い合わせをたくさん頂きます。みんなの材木屋スタッフが、真剣にスイカ割りで硬さの実験してみました!!その結果…

結果ですが、杉の場合は、棒が当たった面のスイカが潰れ、そのまま下まで割れましたが、杉の棒もスイカが割れた瞬間に折れたようです。桧の場合は、キレイに真っ二つに割れ、スイカ割りには桧が適しているようです(笑)

こういう取り組みは面白いですね。国産材を扱っている工務店は取り入れてみてはいかが?

硬いから強いとは限らない?

桧の方が目が詰まっているから硬いんでしょうかね。だからと言って、杉より桧の方が強いとも言い切れないのが木材の面白いところです。杉は軽く柔らかい反面、粘りがありますからね。硬い材料は粘りが少ないとも言われています。

その昔、70歳を過ぎた木材の仙人に「杉には粘りがある」と教えていただきました(笑)

子どもも楽しめる木材の比較実験『夏と木材とスイカ』

杉には粘りがあるんだ。

  • タイトル:ブラックジャックによろしく
  • 著作者名:佐藤秀峰
  • サイト名:漫画 on web

久々に、「ブラックジャックによろしく」の二次利用をさせていただきました。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。