長編映画デビュー時のティム・バートンのアイデアが詰まった家?『ピーウィーの大冒険』

69歳のおじいちゃんが、自動朝食マシンを開発しているのですが、結構な力作です。新聞、ゆで卵、紅茶、トースト、最終的には、テーブルクロスや食器の片付けもしてくれる自動マシンです。

こういうシステムって昔からある気がするのですが、あまり日本では見かけないですよね(笑)この動画を見て思い出したのがこちらの映画↓

ピーウィーの大冒険

「ピーウィーの大冒険」と言えば、1985年に公開されたアメリカのコメディ映画で、ティムバートンの初の長編映画としても有名な作品です。ティム・バートンって他の映画を見ても空間の作り方が上手いんですけど、この映画でもその才能が発揮されています。

映画の冒頭で、ピーウィーの自宅でのシーンがあるのですが、すごいユニークな作りなんですよ。すべり棒があったり、上記の映像のようなピタゴラスイッチ風の仕掛けですし、窓かと思いきや水槽だったり・・・すごい楽しい家なんですよね。(↓違法動画ですが、紹介しておきます。)

ちなみに、ピーウィーを演じている主演のポール・ルーベンスは、プライベートでポルノ映画館で自慰行為を行って逮捕されたり、児童ポルノ所持で逮捕されたりと、変態俳優としても有名です(笑)

正式な本編はこちらから(有料)

Netflixでは、ピーウィーのビッグ・ホリデーということで、オリジナル作品が公開されています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。