iPhoneで撮影された最高レベルの写真サイト「The iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」

集客のための写真の話は、このブログでもあれこれしていますが、一昔前みたいに、一眼レフで広角レンズの仕様もいいですが、今は、iPhoneでも十分な写真が撮れるので、そこから挑戦してもいいと思いますよ。

iPhoneの撮影でどのレベルまでの写真が撮れるのか?

iPhoneで撮影された写真のレベルを知りたいなら、「The iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」のサイトを拝見すると、そのレベルがわかりますよ。毎年、コンテンストを開催していて、iPhoneで撮影された素晴らしい写真が掲載されています。

2016年にグランプリに輝いた写真はこちら。

「Man and the Eagle」というタイトルなので、鷲ですね。鷲匠?でしょうか。男性と鷲との関係性(距離感)が良い画になっていますね。

iPhoneで撮影された最高レベルの写真サイト「The iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」

Siyuan Niu
Xinjiang, China
Grand Prize Winner, Photographer of the Year

建築部門の最優秀賞はこちら

建築写真でよく見る、光と影のコントラストですね。

iPhoneで撮影された最高レベルの写真サイト「The iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」

Jian Wang
Beijing, China

建築部門ににかぎらず、その他の写真も構図や全体のバランスの参考になりますよ。参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


【期間限定】初心者にお勧めの集客方法をプレゼント

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

地方の真面目な事業主が、集客と販売を成功させるための“王道で初歩的で初心者向けの方法”を、期間限定で無料プレゼントします!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、初心者に最も簡単で、効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。