iPhoneで撮影された最高レベルの写真サイト「The iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」

集客のための写真の話は、このブログでもあれこれしていますが、一昔前みたいに、一眼レフで広角レンズの仕様もいいですが、今は、iPhoneでも十分な写真が撮れるので、そこから挑戦してもいいと思いますよ。

iPhoneの撮影でどのレベルまでの写真が撮れるのか?

iPhoneで撮影された写真のレベルを知りたいなら、「The iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」のサイトを拝見すると、そのレベルがわかりますよ。毎年、コンテンストを開催していて、iPhoneで撮影された素晴らしい写真が掲載されています。

2016年にグランプリに輝いた写真はこちら。

「Man and the Eagle」というタイトルなので、鷲ですね。鷲匠?でしょうか。男性と鷲との関係性(距離感)が良い画になっていますね。

Siyuan Niu Xinjiang, China Grand Prize Winner, Photographer of the Year

Siyuan Niu
Xinjiang, China
Grand Prize Winner, Photographer of the Year

建築部門の最優秀賞はこちら

建築写真でよく見る、光と影のコントラストですね。

Jian Wang Beijing, China

Jian Wang
Beijing, China

建築部門ににかぎらず、その他の写真も構図や全体のバランスの参考になりますよ。参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?