ロボット化によるスピーディーかつ正確さが建築費を大きく占める人件費を削ってくれる!?

建築データと連動した巨大アームロボットが、1時間に1000個ものレンガを積み上げることのできるため、レンガ構造の簡単な家であれば、2日間で作り上げることが可能なようですね。

まだまだ、日本での実用は先でしょうが(レンガ構造でないし)、CADと連動しているので、スピーディーかつ正確さが、建築費を大きく占める人件費を削ってくれて、低コストになるのでいいですね。

『手刻み』から『プレカット』へ変わった過渡期があったように、『プレカット』から『3Dプリンタ』へ変わる時が来ますよ。

同じ建築物の中でも、橋もまだ小さいレベルですが、3Dプリントロボットが、橋の両端から構築しながら進んでいくこともできていたりします。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。