No.1になるとは 「独自の市場をつくること」

このところ、
「その他大勢にならないこと」
について、書いています。


やっぱり、その他大勢になってはいけない。

⇒ https://dtoac.com/blog/20160812/26963

思っている以上に”違い”は伝わらない・・・

⇒ https://dtoac.com/blog/20160813/26991

小さな会社で目指すのが無理なNo.1の分野

⇒ https://dtoac.com/blog/20160814/26994

1位になる理由は何があるんでしょうか。
2位じゃだめなんでしょうか。

⇒ https://dtoac.com/blog/20160815/26996

今日のテーマは、

No1になるとは、
「独自の市場をつくること」

について、書いていきます。

今、SMAPの解散が話題なので、
ジャニーズ論で例えますね(笑)

 

SMAPって、アイドル界では
No.1ですよね。

SMAPの歴史を紐解くと、

SMAPデビュー当時は、
光GENJI全盛期の時代です。

 

SMAP 1988年~
光GENJI 1987年~

と活動デビューは一年しか
違わないのですが、

光GENJIは、

その前の少年隊が築き上げた、
歌やダンスもレベルが高い
アイドル像を引き継ぎ、

ローラースケートが印象的で、
全員、歌も踊りもバク転もできる
カワイイ王子様みたいな

「ザ・アイドル」という、
アイドルの王道イメージを
作ったとも言える存在で、

デビュー時から、売れていました。

 

SMAPって、実は最初は
歌も踊りもイマイチで、
あまり売れてなかったんですよね。

バク転も一部の
メンバーしかできなかったですし、

当時のアイドル界において、
コレという強みがなかったのです。

 

そして、90年代に入り、
アイドル氷河期が訪れます。

光GENJIは段々と、
下火になり始めますが、

SMAPは、この機に、
当時の他のアイドルがやっていない
バラエティへの進出をしていきます。

バラエティは、過去に、
「たのきんトリオ」も「シブがき隊」も
やっていましたが、

ゆるい感じではなく、
本格的なコントに挑戦していきます。

バラエティ、コントができるアイドルの
No.1を目指すわけです。

その後の、中居さんのMC(司会)なども
他のアイドルがやっていない分野ですよね。

香取さんの「慎吾ママ」とかも(笑)

 

アイドル=手が届かない雲の上の存在

から、

「なんだか手が届きそう、親しみやすい」

そんな立ち位置を築いていきます。

 

多分、光GENJIと同じような、
従来のアイドル像でやっていたら、
25年も続かなかったかもしれません・・・

以前、イノベーターと
アーリーアダプターのことを、
書きましたが、

⇒ https://dtoac.com/blog/20160810/26938

SMAPは、イノベーターとして、
まずはアイドルの中でバラエティという、
独自の市場を開拓することで成功し、

そしてステージアップを重ねていき、
アイドル界でのNo.1へと登っていきます。

 

その後にデビューした、
ジャニーズグループは、

SMAPが築いた
バラエティの土壌を活かし、

アーリーアダプターとして、
バラエティのジャンルを、
さらに絞り込みます。

TOKIOは、「鉄腕ダッシュ」で、農業へ。
今やプロ顔負けの知識や経験を持っていたりします。

V6は、「学校へいこう」で、
素人学生を巻き込み、

KinKi Kidsは、
プロのミュージシャンを巻き込み、
セッションする音楽番組を。

 

長くなりましたが、
何をお伝えしたいのかというと、

あなたが今いる市場は、
ライバルがたくさんいて、
供給側の過多な状況です。

だからこそ、

自分だけの、自社だけの
No.1になれる独自の市場を
作る必要があるのです。

そこでNo.1になったら、
更なるステージに
ステップアップしていく。

なんとなく、No.1になることの
イメージを掴んでいただけたでしょうか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。