家の必要さを高めるなら『胸キュン』効果だ!

「別荘でも自宅でもない、新しい暮らしの選択肢」としてオープンした体験型宿泊施設・“暮らす別荘”『クラスベッソ西軽井沢』が、2016年10月末までオープンキャンペーンを開催しているのですが、それに伴う特別企画として、『クラスベッソ西軽井沢』を舞台とした恋愛Web小説・“大人になった僕らは、軽井沢の夏を知る”が公開されています。

main

暮らすように泊まる軽井沢の別荘で繰り広げられる、男女4人の恋愛模様を描いたストーリーは、時間軸に沿って、下記のように進んでいます。

  • Day1 10:00 東京から車で2時間半 たどり着いたのは、自然と利便性が調和した別世界
  • Day1 12:00 味の違いを楽しむ軽井沢発のクラフトビール醸造所で大人の社会見学
  • Day1 14:00 木々に囲まれた美術館 現代アートに忍ばせた過去と未来
  • Day1 19:00 クラフトビールとソーセージ 少し贅沢な地産地消のバーベキュー
  • Day2 10:00 淹れたてのコーヒーで迎える軽井沢の朝
  • Day2 11:00 「どこにも行かない、何もしない」コテージに流れる至福の時間
  • Day2 12:00 上質なチーズとワイン 高原の恵みに満たされる
  • Day2 15:00 僕らは軽井沢の夏を知り、日常に戻る

この小説を書いているのは、人気の“妄想作家”・カツセマサヒコさん。

地元企業や周辺観光スポットも登場!

小説の中では、美術館やビール工場など、地元企業や施設を訪れ、周辺の観光案内情報としても取り上げています。

sub4

予算の問題もあるでしょうが、ストーリーもいいので、映像でも観てみたいですね。

青春の胸キュンはいつになっても感情を刺激する!

上記のストーリーに限らず、青春の胸キュンは、何歳になっても感情を刺激してきます。自分の思い出と重ねて思い出す人もいれば、「ああすればよかった」と後悔している人も。ハラハラ・ドキドキ。

フジテレビの「痛快TV スカッとジャパン」の中でも、青春系の「胸キュンスカッと」は人気のコーナーです。ナオト・インティライミさんが、そのコーナーの映像を見て、依頼されたわけでもないのに勝手に合う曲をつくって、採用されてますからね(笑)

家×胸キュンの可能性は?

青春だけでなく、『家×胸キュン』のわかりやすいところだと、テラスハウスでしょうか。シェアハウスはテラスハウスの影響も大きいですよね。

ただ、結婚して家族というカタチになると、胸キュンが一切表現されなくなるんですよね。でも現実は、昼ドラのドロドロした恋愛模様が気になったり・・・

運命の相手と、ゴールインしていざスタートした結婚生活。もちろん、一緒に暮らす中には、大変な事も出てくるかもしれませんが、夫婦で家族で幸せな時間を過ごせる、胸がキュンとするような結婚生活を、新たに建てる『家』によって実現できるなら、もっと『家』に対する必要さも増すと思いますよ。

「情」を「愛情」にするのは胸キュンか?

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。