売り手と買い手は『対等』。安い売り方をしたら、安い客しか来ない。

「客は神様」だと勘違いしている外国人客に対してLCCのスタッフが取った爽快な対応が話題になっています。

成田のLCCのカウンターで、持ち込み荷物が重量オーバーになった外国人男性が、追加料金を求められていた。男性は支払いをごね、「お客様は神様だよ!覚えておきなさい!」は発言したが、これにスタッフが「いいえ、神様じゃないです」と返したのだという。

売り手と買い手は『対等』。安い売り方をしたら、安い客しか来ない。

売り手と買い手は『対等』。

日本は「買い手」が中心です。売り手側が、買い手のニーズ、意見や価値観を、受け容れるような流れが当たり前になっています。

だからなのか、売り手側の時は頭を下げてても、買い手側に立った途端、横柄な態度をとる人は多いですよね。お酒が入ると余計に、普段抑えている自分が開放され、横柄になる人は多いです。

そんな、「クレーマー」や「招かれざる客」は、特に低価格なサービスを提供しているお店には多いですよね。でも、安い売り方をしていたら、そんな安い客しか来ないんですよ。

売り手と買い手は「対等」であることが、一番バランスがいいと思っています。

だから、顧客を選ぶことが必要なんです。顧客を選ぶ会社は顧客に選ばれるし、顧客を選ばない会社は顧客にも選ばれません。付き合いたくない・招きたくない客と、付き合いたい・招きたい客を明確に分け、後者だけを選びましょう。

それにしても、客を神と崇められるのは、無宗教が一般的な日本だけでしょ。「お客様は神様」なんて、キリスト教やイスラム教ではありえないのでは?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


【期間限定】初心者にお勧めの集客方法をプレゼント

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

地方の真面目な事業主が、集客と販売を成功させるための“王道で初歩的で初心者向けの方法”を、期間限定で無料プレゼントします!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、初心者に最も簡単で、効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。