住まいにアートを加える参考に。「現代アートと暮らしたい!」BRUTUS (ブルータス) 2016年 11月1日号 No.834

「アート作品は、美術館で観るもの? それとも一緒に暮らすもの?」というテーマの、BRUTUS (ブルータス) 2016年 11月1日号 No.834が興味深いですね。

アートって、派手で大きなイメージがありますが、大きい小さい派手地味関係ないんですよね。自分がどう思うかみたいな距離感ですから。

住まいにアートを加える参考に。

現代アートと暮らしたい!

brutus834-00 brutus834-01 brutus834-02 brutus834-03 brutus834-04

【現代アートと暮らしたい!★発売中】

前澤友作(スタートトゥデイ)
熊谷正寿(GMOインターネット)
吉野誠一(カフェ、アートスペースオーナー)
松本 大(マネックス証券)
遠山正道(スマイルズ)
白井一成(シークエッジグループ)
原田崇史(原田・ガトーフェスタ ハラダ)

現在、アート業界で注目を集めるコレクター7人にその蒐集哲学を聞き、コレクションの一部を見せてもらいました。世界中どの美術館に行っても見られないものばかりです。

アートは幸福を連れてきますか?
特集 現代アートと暮らしたい! なぜならそれを愛しているから。
Collectors File 1 前澤友作(スタートトゥデイ)
Collectors File 2 熊谷正寿(GMOインターネット)
Collectors File 3 吉野誠一(カフェ、アートスペース オーナー)
Collectors File 4 松本大(マネックス証券)
アートと暮らせば。
現代アート基本のキ(1)
THE STARTER’S GUIDE TO BUYING ART アート、買ってみる?
現代アート基本のキ(2)
Collectors File 5 遠山正道(スマイルズ)
Collectors File 6 白井一成(シークエッジグループ)
Collectors File 7 原田崇史(原田・ガトーフェスタ ハラダ)
世界のビッグコレクター、それぞれの情熱。
岡山に石川コレクションあり。
第2特集 BRUTUS SUITS STYLE 2016-17 A/W
連載 ヘンテコノミクス 第14話「週給どんぐり70個」の巻 作・佐藤雅彦、菅俊一 画・高橋秀明

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。