高樹沙耶さん責任編集の住宅雑誌『レアリテ』が懐かしい。

元女優の高樹沙耶さんが、大麻所持の疑いで厚生労働省の麻薬取締部に逮捕されました。

大麻うんぬんの話は置いといて、高樹さんといえば、住宅業界にとっては、2007~8年に発刊された『レアリテ』という住宅雑誌の責任編集をされていました。

高樹沙耶さんが編集長を務めていた、その『レアリテ』という雑誌は、三菱商事建材が当時力をいれていた「当たり前の家」ネットワーク絡みで創刊された住宅雑誌だったかと。

残念なことに2008年の3号で廃刊となりましたが、当時の住宅情報網の中では、値段以上に中身もよく、土地、住宅、お金など、一般の方も読みやすい家関連の情報になってました。ちょうど駆け出しの頃でしたから、一応、全号を読んでましたね。

3号の中でも、2007年に発売された2号は、高樹さんが当時住んでいた千葉県の南房総市の自邸の話が掲載されています。材料から選んだ家づくりで、岩手の三陸木材まで材料を見に行ったとか?たしかカラマツだった気が・・・(うろ覚えです。)

当時、芸能人で地方に普通の家を建てるって珍しかったんですが、建てて3年ほどで売りに出し、沖縄の石垣島に移住してましたね。

逮捕の報道を見て、ふと「レアリテ」を思い出したので・・・

高樹沙耶さん責任編集の住宅雑誌『レアリテ』が懐かしい。

レアリテ (2007年2号) (エクスナレッジムック)

  • 作者:高樹 沙耶
  • 出版社:エクスナレッジ
  • 発売日: 2007-10

工務店・リフォーム店向け/17種類の見込み客獲得アイデア

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも見込み客を獲得でき、集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。